あきれたぼういず AkiretaBoys / 川田晴久(旧・川田義雄)

日本を代表するヴォードヴィリアン達です。スウィング・ジャズが、いきなり浪花節に転換したり、オペラに変化したり、まったくもってやりたい放題の痛快さです。
”あきれたぼういず”の中心人物である川田義雄は、明治40年3月15日(1907年)に生まれ、昭和32年6月21日(1957年)に亡くなりました。
初代”あきれたぼういず”は、昭和12年8月に川田義雄、芝利英、坊屋三郎、益田喜頓の4人で結成され、「四人の突撃兵」などで人気を博しました。
その後、芸人の引き抜きに合い単独で「ハナに恨みは」、「浪曲ダイナ」などを出した後、弟の岡村龍雄と”川田義雄とミルクブラザーズ”を結成して、「地球の上に朝が来る」の主題歌をヒットさせました。
昭和17年には脊椎カリエスのため闘病生活を送り、昭和19年に復帰して”川田義雄一座”を結成しました。
昭和24年2月、芸名を晴久に改名し、ステージのかたわら映画にも多数出演しています。”川田晴久とダイナブラザーズ”でも活躍しました。
ぼういず伝説
あきれたほういず

[収録曲]
  1. 四人の突撃兵(あきれたぼういず)
  2. スクラム組んで(あきれたぼういず)
  3. 空晴れて(あきれたぼういず)
  4. 商売往来(あきれたぼういず)
  5. 珍カルメン(あきれたぼういず)
  6. 四文オペラ(あきれたぼういず)
  7. 浜辺の抒情詩(あきれたぼういず)
  8. 大人の四季(あきれたぼういず)
  9. 嘘くらべ(あきれたぼういず)
  10. 魚河岸(あきれたぼういず)
  11. 新版「シラノ・ド・ベルジュラック」~ハナに恨みは(川田義雄)
  12. 浪曲ダイナ(川田義雄)
  13. あきれた石松((第二次)あきれたぼういず)
  14. ダイナ競争曲((第二次)あきれたぼういず)
  15. あきれた紙芝居((第二次)あきれたぼういず)
  16. 地球の上に朝がくる(川田義雄とミルクブラザース)
痛快無類! 日本を代表するボードビリアン達には大笑いです。
川田義雄、坊屋三郎、芝利英、益田喜頓出演 - 昭和13年(1938年)録音
あきれたぼういず - 四人の突撃兵
あきれたぼういず - スクラム組んで
あきれたぼういず - 空晴れて
再発見・ニッポンの音/芸(5)歌になった浪曲 笑う地球に朝が来る(川田晴久とダイナブラザーズ)
オムニバス(アーティスト), 川田晴久(アーティスト), ダイナブラザーズ(アーティスト), あきれたぼういず(アーティスト), 美ち奴(アーティスト), 広沢虎造(アーティスト)

[収録曲]
  1. 笑う地球に朝が来る(川田晴久とダイナブラザーズ)
  2. あきれた石松(あきれたぼういず)
  3. 石松ぶし(美ち奴+広沢虎造)
  4. 次郎長ぶし(同)
  5. 吉良の仁吉(美ち奴)
  6. 浪曲カクテル(同)
  7. 涯なき南海(東海林太郎+寿々木米若)
  8. お好み都々逸(天中軒雲月〈伊丹秀子〉)
  9. 唄入り観音経~さわり(三門博)
  10. 津軽小原節~「壷坂」アンコ入り(藤井ケン子)
  11. 出世佐渡情話(三波春夫)
  12. 俵星玄蕃(同)
楽しき南洋
あきれたぼういず、川田義雄
[収録曲]
Disc.1
  1. スポーツ會議 (あきれたぼういず)
  2. 當世かわつたネ節 (あきれたぼういず)
  3. スパイ御用だ (あきれたぼういず)
  4. 村の防護團 (あきれたぼういず)
  5. 浪曲温泉 (あきれたぼういず)
  6. 浮世床屋 (あきれたぼういず)
  7. 樂しき南洋 (あきれたぼういず)
  8. 清水一家 (あきれたぼういず改メ 新興快速舞隊)
  9. 海底物語 (あきれたぼういず改メ 新興快速舞隊)
  10. 新版ダイナ狂想曲 (あきれたぼういず)
Disc.2
  1. 歌ひ初め (川田義雄、他)
  2. 浮草劇場 (川田義雄)
  3. 男ざかり (川田義雄)
  4. かはッた活辯 (川田義雄)
  5. 袖珍ラヂオ版 (川田義雄)
  6. 踊る電話口 (川田義雄)
  7. 一心太助 (川田義雄)
  8. 赤城山ブルース (川田義雄)
  9. かはつたフォスター集 (川田義雄)
  10. 愉しき週表 (川田義雄)
  11. 笑和大學 (川田義雄)
  12. 聲樂指南 (川田義雄)
  13. かはつたオペラ集 (川田義雄・岡村龍雄)
  14. 吾輩は天下のヤブである (岡村龍雄)
  15. 大東亜戦争双六 (岡村龍雄)
  16. 冗談カクテル (川田晴久とダイナブラザース)
  17. 新々八木節 (荒船山) (川田晴久とダイナブラザース)