アラン・ヘインズ Alan Haynes

1956年2月19日にテキサス州オースティンで生まれました。8歳からギターを弾き始め、12歳くらいからB.B.キングやフレディ・キング、アルバート・キング、アルバート・コリンズなどのブルースを聞き始めました。1970年代にギタリストとしてテキサス・ブギ・バンド( The Texas Boogie Band )に参加し、1980年代になるとテキサス州オースティンに移り、ヒューストンのオープリー・ハウスの( The Texas Opry House )の専属バンドとしてラジオ局101KLOLに出演しました。その後、自身のバンド、ステップチルドレン( Alan Haynes and The Stepchildren )を率いて、1984年に最初のEP盤「Seventh Son」を出しました。ヒューストンを中心にダラスやフォートワースで活動し、スティーヴィー・レイ・ヴォーン、ジョニー・ウィンター、アルバート・コロンズ、アルバート・キング、ファビュラス・サンダーバーズ、ロバート・クレイ、ボニー・レイット、ジョン・リー・フッカー、オーティス・ラッシュなどと共演しています。海外ではヨーロッパ、スカンジナヴィア諸国、ドイツ、デンマーク、イスラエルへと巡業しています。アルバムは1984年「Seventh Son」、1995年「Wishing Well」、2004年「Live At The Big Easy」などがあります。
Live at Blue Cat Blues
Jim Suhler and Alan Haynes
Alan Haynes - Parchman Farm
Alan Haynes - Houston Blues
Alan Haynes - Help Me (2008)