アルヴィン・リー Alvin Lee

1944年12月19日に英国イングランドのノッティンガムで生まれました。本名はグラハム・アルヴィン・バーンズ( Graham Alvin Barnes )です。13歳からギターを弾き始め、1960年にレオ・ライオンズ( Leo Lyons )と共にジェイバーズ( The Jaybirds )を結成して、地元のクラブで活動を始めました。一時ドイツのハンブルグへ行った時に音楽の方向性を定め、1966年にロンドンに進出した時にテン・イヤーズ・アフター( Ten Years After )と改名しました。ロンドンのマーキー・クラブ( Marquee Club )での演奏が注目され、デッカのデラム・レーベルと契約して、1967年に初アルバム「Ten Years After」を出しました。そのアルバムを聞いた米国の興行師ビル・グレアム( Bill Graham )の招きで、彼のフィルモア公会堂に出演し、まもなく主要なコンサートで演奏するようになり、1968年には英国や欧州で大きく注目されました。世界的な認知が高まったのは、1969年に行われたウッドストック・フェスティヴァル( Woodstock Festival )で弾いた「I'm Going Home」によってです。1974年にバンドが解散するとソロに転じ、アルヴィン・リー&ザ・カンパニーというバンドを組んで世界各国を巡演しました。その後は、田舎の邸宅に録音スタジオを作って引きこもり、FBIというバンドのプロデュースをしたりしました。2013年3月6日にスペインで死去しました。
スティル・オン・ザ・ロード・トゥ・フリーダム
アルヴィン・リー
[収録曲]
  1. Still On The Road To Freedom
  2. Listen To Your Radio Station
  3. Midnight Creeper
  4. Save My Stuff
  5. I'm A Lucky Man
  6. Walk On, Walk Tall
  7. Blues Got Me So Bad
  8. Song Of The Red Rock Mountain
  9. Nice & Easy
  10. Back In 69
  11. Down Line Rock
  12. Rock You
  13. Love Like A Man 2
Pure Blues
Alvin Lee & Ten Years After
[収録曲]
  1. Don't Want You Woman
  2. The Bluest Blues
  3. I Woke Up This Morning
  4. Real Life Blues
  5. The Stomp
  6. Slow Blues In 'C'
  7. Wake Up Moma
  8. Talk Don't Bother Me
  9. Every Blues You've Ever Heard
  10. I Get All Shook Up
  11. Lost In Love
  12. Help Me
  13. Outside My Window
Alvin Lee - Wake Up Moma
Alvin Lee & Ten Years After - Lost In Love
Ten Years After - Good Morning Little School Girl
Alvin Lee - I'm Going Home