ベイブ・ストーヴァル Babe Stovall

1907年10月14日にミシシッピー州タイラータウンで11人兄弟の末っ子として生まれ、1974年9月21日に同地で死去しました。本名はジュウェル・ストーヴァル( Jewell Stovall )です。、8歳からギターを弾き始め、トミー・ジョンスンの影響を強く受けています。ルイジアナ州ニューオーリーンズに移り、街頭やカフェなどで演奏し、1958年~67年頃にフライライト、ヴァーヴ、アドベントほかに録音しました。1964年に Verve に録音した初アルバム「Babe Stovall」は、1990年にCD盤で再発売されました。1966年の残りの録音は「The Babe Stovall Story」として発売され、1968年に録音したものが「The Old Ace: Mississippi Blues & Religious Songs」として発売されています。同郷のルーズヴェルト・ホルツの65年録音に参加し、O.D.ジョーンズの1966年録音で伴奏しています。彼はよく学園で演奏し、またニューオーリンズにある the Dream Castle Bar や The Quarum Club の定期出演者でした。
Babe Stovall
Babe Stovall
Old Ace-Mississippi Blues & Religious Songs
Babe Stovall - Worried Blues
Babe Stovall - See See Rider (1967)
Babe Stovall - When The Circle Be Unbroken