ベイカー・ナイト Baker Knight

1933年7月4日にアラバマ州バーミンガムで生まれ、2005年10月15日に同地で死去しました。1956年にロカビリー・バンド、Baker Knight and the Knightmares を結成して活動を始め、同年に初シングル盤「Bop Boogie to the Blues」を出し、続いてデッカに「Bring My Cadillac Back」、「Reelin' & Rockin'」を吹き込みました。1958年にハリウッドに移って楽曲提供を始め、リッキー・ネルソンの「Lonesom Town」、「Never Be Anyone Else But You」、「I Wanna Be Loud」、レイ・ピータースンの「The Wonder Of You」といったヒット曲を作り出しました。その後、自己名義でもジュビリー、コーラル、RCAヴィクター、チェス、キット、チャッカーなどに吹き込みました。続いてチャレンジ、エヴエレスト、さらに1965年にリプリーズに移籍して吹き込みを続けました。1970年代は主にカントリー歌手に楽曲提供し、1976年には「Don't the Girls All Get Prettier at Closing Time」が全米No.1ヒットになりました。自己名義では1970年にハッピー・タイガー、そして1977年にワーナー・ブラザーズからの「If Only / Physical Thing」が最後のシングル盤となりました。アルバムは「The Baker Knight Story」が出ています。
Sorry 'Bout That
Baker Knight
Lonesome Town - Ricky Nelson
Ricky Nelson - Never Be Anyone Else But You/
Baker Knight - Bring My Cadillac Back
Baker Knight - Reelin' & Rockin'
Baker Knight - Apple Dandy