ベティ・ラヴェット Bettye Lavette

ミシガン州マスケゴンに生まれました。デトロイトで活動しています。抜群のソウル感にあふれた歌いっぷりです。
2007年に来日しています。2013年5月24日、25日に来日公演しました。
I've Got My Own Hell to Raise
Bettye Lavette
Epitaph
[収録曲]
  1. I Do Not Want What I Haven’t Got (Sinead O’Connor)
  2. Joy (Lucinda Williams)
  3. Down To Zero (Joan Armatrading)
  4. The High Road (Sharon Robinson)
  5. On The Surface (Rosanne Cash)
  6. Just Say So (Cathy Majeski/John Scott Sherrill)
  7. Little Sparrow (Dolly Parton)
  8. How Am I Different (Aimee Mann)
  9. Only Time Will Tell Me (Toni Brown)
  10. Sleep To Dream (Fiona Apple)
女傑Ramp;B歌手の2005年の作品です。ジョー・ヘンリーのプロデュースでフィオナ・アップルなどのポップ歌手の曲を取り上げています。

Bettye Lavette - Little Sparrow ( at the 20th annual San Jose Jazz Festival 2009 )
Take Another Little Piece of My Heart
Bettye Lavette
Varese Sarabande
[収録曲]
  1. At the Mercy of a Man
  2. Do Your Duty
  3. Easier to Say (Than Do)
  4. Games People Play
  5. He Made a Woman out of Me
  6. I'm in Love
  7. Hello Sunshine
  8. Love Made a Fool of Me
  9. My Train's Comin' In
  10. Nearer to You
  11. We Got to Slip Around
  12. Piece of My Heart
  13. Le'ts Go, Lets Go, Let's Go
1969年, 1970年録音の作品です。
The Scene of the Crime
Bettye Lavette
SMJI
[収録曲]
  1. I Still Want to Be Your Baby (Take Me Like I Am)
  2. Choices
  3. Jealousy
  4. You Don't Know Me at All
  5. Somebody Pick Up My Pieces
  6. They Call It Love
  7. Last Time
  8. Talking Old Soldiers
  9. Before the Money Came (The Battle of Bettye LaVette)
  10. I Guess We Shouldn't Talk About That Now
サザン・ロック・バンドのドライヴ・バイ・トラッカーズ( Drive-By Truckers )を軸にしてマッスル・ショールズのスプーナー・オールダムのキーボードとデヴィッド・フッドのベースが後方を固めています。
Bettye Lavette - Let Me Down Easy
ブリティッシュ・ロック解釈
ベティ・ラヴェット
[収録曲]
  1. 愛のことば
  2. ノー・タイム・トゥ・リヴ
  3. 悲しき願い
  4. オール・マイ・ラヴ
  5. イズント・イット・ア・ピティー
  6. あなたがここにいてほしい
  7. 明日への願い
  8. 恋することのもどかしさ
  9. 地の塩
  10. サテンの夜
  11. 恋は悲しきもの
  12. 僕の瞳に小さな太陽
  13. 愛の支配 (BONUS TRACK)
原題は「Interpretations: The British Rock Songbook」です。ブリティッシュ・ロックの有名人達の曲を取り上げています。