ビッグ・ダディ・ウィルソン Big Daddy Wilson

1960年代の後半頃、ノース・キャロライナ州にある小さな町エデントンで生まれました。町の人口は6,000人未満で、55%の住人がアフロ・アメリカンで、25%が貧困層でした。家庭は貧しく、煙草の栽培農園や綿花畑で働き、日曜日には教会へ通っていました。教会で歌っていましたが、田舎者の恥しがり屋で、舞台に立って歌うとは夢にも思っていませんでした。町には働き口もなく、16歳で学校を中退すると、米軍に入隊しました。ドイツに駐留している時に、故郷が恋しくなり、口実をでっち上げていったん帰国しましたが、母親の説得で再びドイツに戻りました。そこで数年後に妻となる女性と出会いました。またドイツでブルースと出会い、バンドを組んで巡演を始め、何枚かの録音を吹き込みました。彼は北部ドイツに住み活動しています。
Neckbone Stew
Big Daddy Wilson
[収録曲]
  1. Cross Creek Road
  2. 7 Years
  3. Neckbone Stew
  4. I Just Need A Smile
  5. Tom Cat
  6. He'll Make A Way
  7. Give Me One Reason
  8. Running Shoes
  9. My Babe
  10. Damn If I Do
  11. Cookies Gonna Kill Me
  12. The River
Big Daddy Wilson - Cross Creek Road
Big Daddy Wilson – Neckbone Stew
Time
Big Daddy Wilson
[収録曲]
  1. Time to Move
  2. Bullfrog
  3. She Loves Me
  4. Mississippi John
  5. Some Say
  6. Time
  7. Dead End Road
  8. Would You Look at That Car
  9. Like a Sunny Day
  10. New Zealand
  11. Miss Dorothy Lee
  12. Mama's Word
  13. We're Ready
  14. Daisy
Big Daddy Wilson - Bullfrog
Big Daddy Wilson - Time
サム・ア・ライド
ビッグ・ダディ・ウィルソン
[収録曲]
  1. Thumb A Ride
  2. Baby Don't Like
  3. This Is How I Live
  4. Anna Mae
  5. Sweet Tooth
  6. It Don't Get No Better
  7. Who's Dat Knocking
  8. Four Daughters And A Strong Loving Wife
  9. Cold Is The Wind
  10. Drop Down Here
  11. Way Back Yonder
  12. Brother Blood
  13. If You Were Mine
Big Daddy Wilson - Baby Don't Like (Live In Paris)
Big Daddy Wilson - Who's Dat Knocking? (Live @ the Bluesmoose Café)