ビッグ・ジャック・ジョンスン Big Jack Johnson

1940年7月30日にミシシッピー州ランバートで生まれ、2011年3月14日にメンフィスで腎不全のため死去しました。オイル・マンの愛称で知られています。13歳の時にはミュージシャンだった父のバンドでギターを弾いていました。18歳になるとB.B.キングに夢中でした。62年からフランク・フロスト、サム・カーとジェリー・ロール・キングズ( The Jelly Roll Kings )を組み行動を共にしていました。79年にはジェリー・ロール・キングズ名義で「Rockin' the Juke Joint Down」を発表しました。 87年からは自身のバンド、ザ・オイラーズ( The Oilers )を率いて活動し、初の自己名義アルバム「The Oil Man」を発表しました。92年には映画「Deep Blues」に出演しました。その他のアルバムは1991年「Daddy, When Is Mama Comin Home?」、2002年「he Memphis Barbecue Sessions」、2007年「Black Snake Moan」などがあります。
2002年に来日公演をしています。
Memphis Barbecue
Big Jack Johnson
[収録曲]
  1. Oh Baby
  2. Humming Blues
  3. Don't Care Nothing
  4. Smokestack Lighting
  5. I'm Going Out Walking
  6. My Babe
  7. Blue Bird
  8. Lonesome Road
  9. Get Along Little Cindy
  10. Humming Bird
  11. Big Boss Man
  12. Things I Used To Do
  13. Dust My Broom
ハーピストのキム・ウィルソン( Kim Wilson )が客演しています。
Daddy When Is Mama Comin Home
Big Jack Johnson
[収録曲]
  1. Thirteen Chillun
  2. I'm A Big Boy Now
  3. Oh Darling
  4. Doodley Squat
  5. Crawdad Hole
  6. Chinese Blues
  7. Daddy, When Is Mama Comin Home?
  8. I Slapped My Wife In The Face
  9. Northwest Airlines Blues
  10. Goin Back To Mississippi
  11. Mr. U.S.A.I.D.S.
  12. United States Got Us In A Bad Shape
フランク・フロスト、サム・カーとのシカゴ・スタイルの演奏が聞けます。
Oil Man
Big Jack Johnson
[収録曲]
  1. Oil Man
  2. Killing Floor
  3. Tom Dooley
  4. Catfish Blues
  5. How Many More Years
  6. Too Many Drivers
  7. Driving Wheel
  8. I'm Gonna Give Up Disco And Go Back To The Blues
  9. Part Time Love
  10. Steel Guitar Rag (Going Bass Fishing)
  11. You Can Have My Woman
Big Jack Johnson - Catfish Blues
Big Jack Johnson - Too Many Drivers
Big Jack Johnson and The Jelly Roll Kings