ビリー・ホリデイ Billie Holiday

1915年4月7日にペンシルバニア州フィラデルフィアで生まれ、メリーランド州ボルティモアで育ちました。本名はエリノラ・フェイガン・ゴー( Eleanora Fagan Gough )と言います。父親はクラレンス・ホリデイと言い、ギター奏者で演奏旅行中にテキサス州ダラスで肺炎になり、病院に黒人の治療を拒否され亡くなりました。彼女は私生児として生まれましたが、小さい頃は、ルイ・アームストロングやベッシー・スミスの歌に親しんでいました。成長してからは、売春罪で投獄されたり、麻薬容疑で逮捕されたり波乱の人生を送ります。1930年代にはニューヨークのクラブやカフェで歌い始め、やがてジョン・ハモンドに見出されて、1933年にはベニー・グッドマン楽団と共演しました。代表曲は「Billie's Blues」、「Blue Billy」などです。
1959年7月17日に亡くなりました。
Billy Remembers Billie
Billie Holiday
Verve
[収録曲]
  1. On the Sunny Side of the Street
  2. My Old Flame
  3. Fine and Mellow
  4. Embraceable You
  5. As Time Goes By
  6. He's Funny That Way
  7. I'll Get By
  8. I Cover the Waterfront
  9. Yesterdays
  10. I'll Be Seeing You
  11. Lover, Come Back to Me
  12. Strange Fruit
  13. God Bless the Child
  14. Don't Explain
  15. Lover Man
Billie Holiday - Fine And Mellow
Billie Holiday - I'll Be Seeing You
Billie Holiday - Don't Explain (Live 1958)
奇妙な果実
ビリー・ホリデイ(アーティスト)ソニー・ホワイト(演奏)エディ・ヘイウッド(演奏)ジョン・ウィリアムス(ベーシスト)(演奏)ジョン・シモンズ(演奏)エド・ショーネシー(演奏)シドニー・カトレット(演奏)フランク・ニュートン(演奏)ドク・チータム(演奏)ヴィック・ディッケンソン(演奏)
ユニバーサルクラシック
[収録曲]
  1. 奇妙な果実
  2. イエスタデイズ
  3. ファイン・アンド・メロウ
  4. ブルースを歌おう
  5. ハウ・アム・アイ・トゥ・ノウ
  6. マイ・オールド・フレイム
  7. アイル・ゲット・バイ
  8. 水辺にたたずみ
  9. アイル・ビー・シーイング・ユー
  10. アイム・ユアーズ
  11. エンブレイサブル・ユー
  12. 時の過ぎゆくまま
  13. シーズ・ファニー・ザット・ウェイ
  14. 恋人よ我に帰れ
  15. アイ・ラヴ・マイ・マン
  16. 明るい表通りで
Billie Holiday - Strange Fruit
歌詞は高校教師ルイス・アレンによって書かれました。奇妙な果実とは、白人テロリスト達のリンチによってポプラの木に吊るされた黒人の死体を比喩しています。彼女は静かに歌います、死体を照らす夕日のように。
レディ・イン・サテン+4
ソニーレコード
[収録曲]
  1. 恋は愚かというけれど
  2. お願いだから
  3. 恋を知らないあなた
  4. あなたなしでも暮らせるわ
  5. フォー・オール・ウィ・ノウ
  6. コートにすみれを
  7. 心変わりしたあなた
  8. イージー・トゥ・リメンバー
  9. バット・ビューティフル
  10. 不幸でもいいの
  11. アイル・ビィ・アラウンド
  12. 恋路の果て(モノラル・ヴァージョン)
  13. 恋は愚かというけれど(テイク3)
  14. 恋は愚かというけれど(テイク2)
  15. 恋路の果て(ジ・オーディオ・ストーリー)
  16. 恋路の果て(ステレオ・ヴァージョン)
  17. ポーズ・トラック
容赦のない深い悲哀に彩られた遺言のようなアルバムです。