ブー・ブー・デイヴィス Boo Boo Davis

本名はジェイムズ・デイヴィス( James Davis )で、1943年11月4日にミシシッピ州ドゥルーで生まれました。5歳の時に母親に連れて行ってもらった教会で音楽に触れて夢中になり、ハーモニカを吹いて歌うようになりました。7歳の時にファミリーバンド、The Lard Can Bandに加わりLard Can を叩いていました。ドラム・キットは高くて手が出なかったのです。13歳の時にはギターも弾き始めました。後にセントルイスへ出てから本物のドラムを叩き始め、リトル・ウォルター( Little Walter )、ソニー・ボーイ・ウィリアムソン( Sonny Boy Williamson )、リトル・ミルトン( Little Milton )、エルモア・ジェイムズ( Elmore James )などのブルースの巨人達を伴奏しました。1972年にデイヴィス・ブラザーズ・バンド( the Davis Brothers Band )を結成し、東セントルイスにあるタビーズ・レッド・ルーム( Tabby's Red Room )というクラブで18年間に渡り、週末のハウスバンドとして演奏しました。1999年に自己名義で初録音をして、2000年に Black and Tan Records から「East St. Louis」として発売されました。2000年にヨーロッパを巡業し、それ以来、少なくとも年に二回はヨーロッパを回っています。アルバムは、2002年「Can Man」、2006年「Drew, Mississippi」、2008年「Name of the Game」、2009年「Ain't Gotta Dime」、2014年「What Kind of Shit Is This?」などがあります。。アーサー・ウィリアムズの1999年「Harpin' On It」、「Ain't Goin' Down」で伴奏しています。
Drew Mississippi
Boo Boo Davis
[収録曲]
  1. Tell Me What To Do
  2. Let Me Love You
  3. Who Stole The Booty
  4. Drew Mississippi
  5. Got To Make It Right Now
  6. Tryin To Survive
  7. Got The Blues In My Heart
  8. Made Me Cry
  9. Walking Down A One Way Street
  10. Standing In The Cottonfields
Boo Boo Davis - Who Stole The Booty
Name of the Game
Boo Boo Davis
[収録曲]
  1. Dirty Dog
  2. I'm Comin Home
  3. Stay from the Casino
  4. Want Nobody Tell Me How to Live My Life
  5. Tryin to Get Ahead
  6. Name of the Game
  7. Who Stole the Booty
  8. Why You Wanna Do It
  9. Lonely All by Myself
  10. It's a Shame
  11. I'm So Tired
  12. Hot Foot
  13. St. Louis Woman
Boo Boo Davis - Dirty Dog
Boo Boo Davis - I'm Commin' Home
エイント・ガッタ・ダイム
ブー・ブー・デイヴィス
[収録曲]
  1. Silvermine
  2. Ten Thousand Dollar
  3. Watch Yourself
  4. My Baby Got Me Fixed
  5. Man Who Be Around
  6. Ain't Gotta Dime
  7. Boo Boo Blues
  8. Cake Lady
  9. Don't Wait Too Late
  10. Standing At The Fishbank
  11. Let Me Ride With You
  12. Got My Living, Now You're Gone
  13. Cryin' Blues
  14. There's Roach Crawlin'