バック・オウエンズ Buck Owens

ベイカーズフィールド・サウンド( Bakersfield sound )と呼ばれるカントリー音楽分野の開拓者で、ビルボードのカントリー・チャートで21曲のNo.1ヒットを持っています。1929年8月12日にテキサス州シャーマンで生まれ、2006年3月25日に心臓麻痺のため死去しました。本名はアルヴィン・エドガー・オウエンズ( Alvis Edgar Owens )です。1951年にカルフォルニア州ベイカーズフィールドに移り、ビル・ウッズやトミー・コリンズのバンドでギターを弾いていました。キャピトルのケン・ネルソンのセッションにも参加し、ジーン・ヴィンセントの何枚かのレコードで演奏しました。その後、自身のバンド、バッカルーズ( Buckaroos )を組んで、地元のレーベルを経て、1951年にキャピトルと契約しました。1963年の「Act Naturally」以来、20曲のNo.1ヒットを出し、1000万枚近いレコードを売り、カントリー界でのナッシュヴィル勢の独占を覆し、後のマール・ハガードへの道を開きました。アルバムは1965年「I've Got A Tiger By The Trail」があります。
I've Got a Tiger By the Tail
Buck Owens
[収録曲]
  1. I've Got A Tiger By The Tail
  2. Trouble And Me
  3. Let The Sad Times Roll On
  4. Wham Bam
  5. If You Fall Out Of Love With Me
  6. Fallin' For You
  7. We're Gonna Let The Good Times Roll
  8. The Band Keeps Playin' On
  9. Streets Of Laredo
  10. Cryin' Time
  11. A Maiden's Prayer
  12. Memphis
  13. This Ol' Heart (Live Version)
  14. Act Naturally (Live Version)
Buck Owens & His Buckaroos - Act Naturally ( Live, 1966 )
Buck Owens - My Heart Skips a Beat (1966)
Buck Owens - Together Again
Dwight Yoakam and Buck Owens - Streets of Bakersfield
ドゥワイト・ヨーカムによる追演です。本人も客演しています。
Buck Owens, Dwight Yoakam, Patty Loveless Perform (1988)