キャロライン・エイケン Caroline Aiken

1955年8月8日にジョージア州セント・サイモンズ島で生れて育ち、地元の歌手エマ・リー・ラムジー( Emma Lee Ramsey )に大きな影響を受けました。1969年の14歳の時に家出をしてワシントン州ニューヨークに行き、初めてのロック・バンド、ファーザー・タイム( Father Time )を作りました。1970年代はカルフォルニア州を放浪し、73年、74年とアメリカ南部を回り、70年代中頃にワシントン州シアトルに辿り着き路上演奏をしました。その後、1980年代の始めにジョージア州アトランタに戻りました。1985年にボニー・レイットの前座を務めて注目を受け、1988年にボニーのギター伴奏により初アルバム「Line Of Vision」を発表しました。その他のアルバムは2003年「Caroline Aiken」などがあります。
Caroline Aiken
Caroline Aiken
[収録曲]
  1. Good Intentions
  2. Butler Field
  3. Hotel At Highway One
  4. Ground Zero
  5. Left Wet
  6. Love Ain't Going Nowhere
  7. Movin' On
  8. That's What I Heard
  9. Heart Of Knowing
  10. 3rd Day Press 9
Are We There Yet Mama?
Caroline Aiken
[収録曲]
  1. Graffiti
  2. Are We There Yet, Mama?
  3. Come See Me Baby
  4. Speed and Steel
  5. Between Hello and Goodbye
  6. Wake Up to Thunder
  7. Die Happy
  8. Helium Balloon
  9. Walking in Paris
  10. Turtle Dove
  11. Fragile
  12. Song for Page
  13. Love Ain't Goin Nowhere
  14. Echo Chamber 1978
Live at the Attic
Caroline Aiken
[収録曲]
  1. Stone's Throw
  2. Is It Me?
  3. I Won't Tell You
  4. High and Mighty Living
  5. Hey Johnny
  6. We're Having a War
  7. Someday
  8. Soft One
  9. White House Blues
  10. Another on the Rise
  11. To the Fire
  12. Heart of Knowing
Caroline Aiken - My There for Me Guitar