ケイシー・ビル・ウェルドン Casey Bill Weldon

メンフィス・ミニーの最初の夫で、本名はウェル・ウェルドンです。彼女より6歳下ということから推定すると、1909年の生まれです。アーカンソー州パインブラフ出身で没年は不明です。”Casey Bill”は”Kansas City”が訛って渾名になったものです。メンフィスで活動し、スライド・ギターを弾いていたことからメンフィス・ジャグ・バンドに加入し、1927年から28年の録音に参加しています。またビクターには自己名義でも吹き込んでいます。その後、シカゴに出てビッグ・ビル・ブルーンジー、ジャズ・ジラム、ウォッシュボード・サムらと共演し、ホウカム・ボーイズ、ウォッシュボード・リズム・キングズ、ブラウン・ボンバーズの一員としても録音を残しています。特に有名なのは1936年の「W.P.A Blues」で、ギターを膝の上に横置きにして演奏するスライド奏法が聞き所です。また、メンフィス・スリム、ビッグ・ビル・ブルーンジー、レイ・チャールズで有名な「ムーヴ・トゥ・アウトスカーツ・オヴ・タウン」の作者でもあります。1938年の録音以降の消息は不明です。
Complete Recorded Works, Vol. 2 (1936-1937)
Casey Bill Weldon
[収録曲]
  1. Casey Blues
  2. I'se Just a Bad Luck Man
  3. You Just as Well Let Her Go
  4. Keyhole Blues
  5. Streamline Woman [Take 1]
  6. Streamline Woman [Take 2]
  7. Talkin' to Myself
  8. Big Katy Adam
  9. Two-Timin' Woman
  10. Big Bill Blues (These Blues Are Doggin' Me)
  11. You Talk in Your Sleep [Take 1]
  12. You Talk in Your Sleep [Take 2]
  13. I Believe I'll Make a Change
  14. Big Boat
  15. Can't You Remember?
  16. Jinx Blues
  17. Gonna Take My Time
  18. We Gonna Move (To the Outskirts of Town)
  19. Back Door Blues
  20. Front Door Blues [Take 1]
  21. Front Door Blues [Take 2]
  22. Oh, Red!
  23. You Waited Too Long
  24. Round and Round [Take 1]
  25. Round and Round [Take 2]
Casey Bill Weldon - You Just As Well Let Her Go (1936)
Guitar Swing
Casey Bill Weldon
[収録曲]
  1. Two Timin' Woman
  2. Rooster Blues
  3. Guitar Swing
  4. Has My Gal Been Here
  5. Front Door Blues
  6. Back Door Blues
  7. Big Boat
  8. My Stove Won't Work
  9. Brown Skin Mama
  10. W.P.A. Blues
  11. I Believe I'll Make a Change
  12. Did You Mean What You Said?
  13. Somebody Changed the Lock on My Door
  14. Red Hot Blues
  15. I'm a Stranger
  16. Go Ahead Buddy
  17. Blues Everywhere I Go
  18. Arlena
  19. Casey Bill's New Wpa Blues
  20. Can't You Remember
  21. Just as Well Let Her Go
  22. I'm Just a Bad Luck Man
  23. I Believe You're Cheatin' on Me
  24. Round and Round
Casey Bill Weldon - Blues Everywere I Go (1937)