チャーリー・マッスルホワイト Charlie Musselwhite

1944年1月31日にミシシッピー州コシュースコで生まれました。母方にチェロキー・インディアンの血が流れています。3歳の時に家族と共にテネシー州メンフィスに移住しました。10代の頃にハーモニカを吹き始め、ガス・キャノン( Gus Cannon )、ファリー・ルイス( Furry Lewis )、ウィル・シェイド( Will Shade )などのブルースマン達と共演し、メンフィス・チャーリー( Memphis Charlie )という渾名ももらいました。1962年にシカゴに出て、マックスウェル・ストリートで演奏し、クラブに出入りし、リトル・ウォルター、ロバート・ナイトホーク、サニー・ボーイ・ウィリアムソンII、キャリー・ベルなど多くのミュージシャン達と共演しました。1967年にヴァンガードより初のソロ・アルバム「Stand Back! Here Comes Charley Musselwhite's South Side Band」を発表しました。1960年代末はカリフォルニア州サンフランシスコに活動の拠点を移しました。1990年にアリゲーターから発表した「Ace of Harps」が注目を集め、90年、92年、93年にハープ部門でW.C.ハンディ賞を受賞しました。その他のアルバムは1984年「Tell Me Where Have All the Good Times Gone?」、1994年「In My Time」、1997年「Rough News」、1999年「Continental Drifter」、2013年「Get Up! with Ben Harper」などがあります。1993年に初来日しています。
Blues Never Die
Charlie Musselwhite
[収録曲]
  1. Tennessee Woman
  2. Stingaree
  3. Arkansas Boogie
  4. Temperature
  5. Done Somebody Wrong
  6. River Hip Mama
  7. Help Me
  8. Juke
  9. Taylor, Arkansas
  10. I Don't Play, I'll Be Your Man Some Day
  11. Finger Lickin' Good
  12. Blue Feeling Today
  13. Crazy for My Baby
  14. I'm a Stranger
  15. Everything's Gonna Be Alright
  16. Too Hot to Touch
  17. Blues Got Me Again
  18. Blues Never Die [#]
  19. After While [#]
  20. Trouble for Everybody
  21. Christo Redemptor
Charlie Musselwhite - Finger Lickin' Good
Stand Back Here Comes
Charlie Musselwhite
[収録曲]
  1. Baby Will You Please Help Me
  2. No More Lonely Nights
  3. Cha Cha The Blues
  4. Christo Redemptor
  5. Help Me
  6. Chicken Shack
  7. Strange Land
  8. 39th And Indiana
  9. My Baby
  10. Early In The Morning
  11. 4 P.M.
  12. Sad Day
Juke Joint Chapel
Charlie Musselwhite
[収録曲]
  1. Bad Boy
  2. Roll Your Money Maker
  3. As the Crow Flies
  4. Gone Too Long
  5. It Ain't Right
  6. Strange Land
  7. Blues Overtook Me
  8. River Hip Mama
  9. Blues Why Do You Worry Me?
  10. Feel It in Your Heart
  11. I'm Going Home
  12. Cristo Redentor