チコ・バンクス Chico Banks

1962年3月7日にイリノイ州シカゴのウェストサイドでヴァーノン・X・バンクス( Vernon X. Banks )として生まれ、同地で育ち活動しました。父のジェシー・バンクス( Jessie Banks )、兄のスタンリーもブルースを演奏するブルース一家です。12歳でギターを始め、16歳でジョニー・クリスチャンのバンドに参加しました。マジック・サムやバディ・ガイ、アルバート・キング、ジミ・ヘンドリクス、オーティス・クレイ、ジョージ・ベンソン、タイロン・ディヴィスなどの影響を受けました。1997年にエヴィデンスから初アルバムにして唯一のアルバム「Candy Lickin' Man」を残し、「You're Fine」と「Candy Lickin' Man」の演奏が知られています。2002年にリー・ショット・ウィリアムズ( Lee Shot Williams )のアルバム「Let the Good Times Roll」、2003年にタイロン・デイヴィス( Tyrone Davis )のアルバム「Come to Daddy」で伴奏しています。2007年に心臓弁膜症の手術を受けましたが、2008年12月4日にシカゴで死去しました。
1987年にロミオ&ミスターの一員として来日しました。
Candy Lickin Man
Chico Banks
[収録曲]
  1. Red Dress
  2. Candy Lickin' Man
  3. Down The Road I Go
  4. It Must Be Love
  5. Angel Of Mercy
  6. Soul Serenade
  7. All Your Love
  8. Careless Things We Do
  9. Got To Be Some Changes Made
  10. You're Fine
  11. Groove Me
  12. The Sky Is Crying
  13. Truck Load Of Lovin'
  14. Call My Job
Chico Banks - Will It Go Round In Circles
Chico Banks: The Lost Photo Session