チッピー・ヒル Bertha Chippie Hill

1905年に南キャロライナ州チャールストンで生まれました。13歳の時に家族と共にニューヨークに移り、14歳の頃からハーレムのクラブに出演していました。小柄だったため”チッピー”という渾名が付きました。踊り子から始め、歌手の方が給金が良いので歌うようになり、1925年11月9日にオーケーで2曲を初録音しました。ルイ・アームストロングのコルネットとリチャード・M・ジョーンズのピアノ伴奏が付いています。その後、ヴォキャリオンにジョージア・トム、タンパ・レッドの伴奏で6曲、またスクラッパー・ブラックウェルと2曲を録音しています。また、シカゴでキング・オリバーのバンドを帯同してパラディアム・ダンス・ホールに出演したり、数ヶ月間ほどマ・レイニーの前座を務めたりしましたが、1929年には家庭の主婦となるため引退しました。それから17年後の1946年に復帰し、サークル・レコードにリー・コリンズ、ラヴィ・オースティン、ベビー・ドッズの伴奏で録音しました。1948年にはパリのジャズ・フェスティバルに出演もしますが、1950年にニューヨークで交通事故に遭い、同年5月7日にハーレムの病院にて死去しました。
Complete Works, Vol. 1 (1925-1929)
Bertha Hill
[収録曲]
  1. Low Land Blues
  2. Kid Man Blues
  3. Lonesome, All Alone and Blue
  4. Trouble in Mind
  5. Georgia Man
  6. Leavenworth Blues
  7. Panama Limited Blues
  8. Street Walker Blues
  9. Pleadin' for the Blues
  10. Pratt City Blues
  11. Mess, Katie, Mess
  12. Lovesick Blues
  13. Lonesome Weary Blues
  14. Do Dirty Blues
  15. Sport Model Mama
  16. Some Cold Rainy Day
  17. Weary Money Blues
  18. Hard Time Blues
  19. Christmas Man Blues
  20. Trouble in Mind
  21. Hangman Blues
  22. Non-Skid Tread
  23. I Ain't Gonna Do It No More
  24. Pratt City Blues
Bertha Chippie Hill - Trouble In Mind
Bertha Chippie Hill - Trouble In Mind (1926)
後方ではルイ・アームストロング( Louis Armstrong )のトランペットが鳴っています。
Chippie Hill - I Ain't Gonna D How Low Can You Go
Bertha Chippie Hill - Pratt City Blues