クリス・レア Chris Rea

1951年3月4日、イギリスのミドルズバラで生まれました。21歳の時に、ジョー・ウォルシュの音楽に惹かれてギターに熱中するようになりました。73年にマグダリーンというバンドに加入し、ビューティフル・ルーサと改名したバンドは、75年には音楽誌「Melody Maker」の最優秀新人賞を取ります。
78年にバンドは解散して、初の自己名義のアルバム「何がベニーに起こったか?」を発表しました。86年には8枚目のアルバム「オン・ザ・ビーチ」をヒットさせて、日本にも知られるようになりました。89年に『ロード・トゥ・ヘル』、91年に『オーベルジュ』、92年に『ゴッズ・グレイト・バナナ・スキン』、93年に『エスプレッソ・ロジック』、96年に『ラ・パッショーネ』、00年に『ブルー・カフェ』、03年に『ストウニー・ロード』と順調にアルバム製作を続けています。
Road to Hell
Chris Rea(アーティスト)
Warner Bros.
[収録曲]
  1. Road to Hell (Pt. 1)
  2. Road to Hell (Pt. 2)
  3. You Must Be Evil
  4. Texas
  5. Looking for a Rainbow
  6. Your Warm and Tender Love
  7. Daytona
  8. That's What They Always Say
  9. I Just Wanna Be With You
  10. Tell Me There's a Heaven
Chris Rea - The Road to Hell
Chris Rea - Road To Hell (Live)
On the Beach
Chris Rea(アーティスト)
Wea International
[収録曲]
  1. On the Beach
  2. Little Blonde Plaits
  3. Giverny
  4. Lucky Day
  5. Just Passing Through
  6. It's All Gone
  7. Hello Friend
  8. Two Roads
  9. Light of Hope
  10. Auf Immer und Ewig
  11. Freeway
  12. Bless Them All
  13. Crack That Mould
Chris Rea - On The Beach
Chris Rea
Chris Rea(アーティスト)
Warner
[収録曲]
  1. Loving You
  2. If You Choose to Go
  3. Guitar Street
  4. Do You Still Dream?
  5. Every Beat of My Heart
  6. Goodbye Little Columbus
  7. One Sweet Tender Touch
  8. Do It for Your Love
  9. Just Want to Be with You
  10. Runaway
  11. When You Know Your Love Has Died
Blue Guitars
Chris Rea
Chris Rea - Going Up To Memphis
Chris Rea - Man Gone Missing