クリス・トーマス・キング Chris Thomas King

1962年にルイジアナ州バトンルージュで生まれました。父親はルイジアナのタビー・トーマスです。初アルバムはアーフリーから「It's A Cold Ass World - The Beginning」です。その他「Chris Thomas King」、「Red Mud」などがあります。どうもラップとブルースを結合したものを演りたいらしい。2003年にはマーティン・スコセッシ監修、ヴィム・ヴェンダース監督のブルース100年記念DVD『The Soul Of A Man』でブラインド・ウィリー・ジョンソンの役を演じました。最近は映画「オー・ブラザー」に出演したりと芸域を広げています。
2009年5月24日に、オーティス・クレイと共に来日し、ジャパン・ブルース・フェスティバルに出演しました。
Red Mud Sessions
Chris Thomas King(アーティスト)
21st Century Blues
[収録曲]
  1. Red Mud
  2. If It Ain't One Thang It's Two
  3. Soon This Morning Blues
  4. Come on in My Kitchen
  5. I'm on Fire
  6. Sinking Feeling
  7. Alive
  8. Dark Cloud
  9. Rambling on My Mind
  10. Wanna Die with a Smile on My Face
  11. Death Letter Blues
  12. Raining Angels
三作目です。
It's a Cold Ass World: The Beginning
Chris Thomas King(アーティスト)
Arhoolie
[収録曲]
  1. Blues Is Back
  2. Soon This Morning Blues
  3. Cheatin' Women Blues
  4. Cocaine (Snow White)
  5. Mary Jane
  6. Take Yo Time
  7. Going Home to Louisiana
  8. South Side Shuffle
  9. You'll Be Sorry, Baby
  10. Don't Work Too Hard
初アルバムです。
Chris Thomas King - Hard Time Killing Floor Blues