チャック・ブラウン Chuck Brown

1980年代にワシントンDCの黒人居住区で興隆したゴーゴーの立役者で、”the Godfather of Go-Go”と呼ばれています。
1936年8月22日にノース・キャロライナ州ガストンで生まれ、3歳の時にワシントンDCに移りました。幼少時から綿摘みの仕事を初め、数多くの職業を転々とし、軍役も経験しました。その後、監獄に4年間ほど入った時に、ギターを手にしたことが転機となり、釈放後は音楽で身を立てるようになりました。先ずラテン音楽のバンドで経験を積み、1966年に自身のバンド、ソウル・サーチャーズを結成しました。1970年代に初アルバムを作った時には、まだありきたりのファンク・バンドでしたが、1970年代半ばになると、当時流行していたゴー・ゴーを軸にして、曲間をパーカッションでつないで演奏するメドレー形式のライヴを始めました。語りのような歌と応答形式で観客を巻き込むゴー・ゴー・スタイルで人気を得て、1975年には「パスティン・ルース」が大ヒットし、全米への知名度を高めました。2012年5月16日にメリーランド州ボルティモアの病院で心疾患のため死去しました。
1994年12月20日に来日公演をしています。
We're About the Business
Chuck Brown(アーティスト)
Raw Venture
[収録曲]
  1. Chuck Town Intro
  2. Love Theme [From The Godfather]
  3. Block Party
  4. Eye Candy
  5. Chuck Baby
  6. Peacemaker Interlude
  7. Jock It In
  8. Feelin' Good
  9. Latin Interlude
  10. We Come to Party
  11. If You Had to Pick One Interlude
  12. Everyday I Have the Blues
  13. Party Roll
  14. Love Nationwide
  15. Sound for the Town Interlude
  16. Funky Get Down
Chuck Brown - The Party Roll
Put Your Hands Up
Chuck Brown(アーティスト)
Raw Venture
Go Go Swing Live
Chuck Brown(アーティスト)
Liason
[収録曲]
  1. It Don't Mean a Thing (If It Don't Have the Go Go Swing)
  2. Midnight Sun
  3. Moody's Mood
  4. Woody Woodpecker
  5. Harlem Nocturne
  6. Run Joe
  7. Stormy Monday
  8. Boogie on Go-Go Woman
  9. Family Affair
  10. Take the Go-Go Train
  11. Banana Boat Song (Day-O)
We Got This
Chuck Brown