デイヴィッド・アクルス David Ackles

作曲者でクルト・ワイルの影響を受けた異才です。1937年にイリノイ州リトルロックでショー・ビジネス一家の一員として生まれした。4歳の時にヴォードヴィルの舞台に立ち、子役として数多くB級映画に出演していました。大学時代は文学を専攻する傍ら、バレーや合唱曲を作ったりしていました。やがて、「Blue Ribons」という曲に興味を持ったエレクトラと作曲家として契約しました。成功した彼は自身のアルバム5枚を制作する権利を与えられ、1968年から72年までに4枚のアルバムを残しました。評論家の評判は高かったのですが営利的には不振でした。72年にはエレクトラから契約を打ち切られ、その後、コロンビアからアルバム1枚を出しています。代表アルバムは、72年にエレクトラから「American Gothic」です。
American Gothic
Collector's Choice
[収録曲]
  1. American Gothic
  2. Love's Enough
  3. Ballad Of The Ship Of State
  4. One Night Stand
  5. Oh, California!
  6. Another Friday Night
  7. Family Band
  8. Midnight Carousel
  9. Waiting For The Moving Van
  10. Blues For Billy Whitecloud
  11. Montana Song
クルト・ワイル( Kurt Weil )の編曲法にフォーク歌手の語り口を乗せて進行します。
David Ackles - Blue Ribbons