E.G. カイト E.G. Kight

1966年1月17日にジョージア州ダブリンで生れました。同州を拠点に活動しています。母はゴスペル・シンガーで、祖母もギタリストで5歳の時から手解きを受けました。ココ・テイラーを聞いてブルースに傾倒しました。1997年に初アルバム「Come Into The Blues」を発表しました。その他は2002年「Trouble」、2003年「Southern Comfort」、2004年「Takin' It Easy」、2011年「Lip Service」などがあります。
Takin' It Easy
E.G. Kight
  1. I'll Believe It When I Feel It
  2. Nothin' Ever Hurt Me
  3. I Don't Wanna Start Over
  4. Whe You Were Mine
  5. I Ain't Got Nothin' But The Blues
  6. Can't Blame Nobody But Me
  7. Peach Pickin' Mama
  8. Southbound
  9. Coming Out Of The Pain
  10. I Ain't Got No Business Doin' Business Today
  11. Stay Awhile
  12. Takin' It Easy
E.G. Kight - Then There's The Truth
E.G. Kight - Sad Sad Sunday
EG Kight - Savannah