エディ・コクラン Eddie Cochran

本名エドワード・レイモンド・コクラン( Edward Raymond Cochran )は、1938年10月3日にミネソタ州アルバート・リアで生まれました。12歳の時に学校のブラス・バンド部に入り、また独学でブルース・ギターを習得しました。1953年にカルフォルニア州ベル・ガーデンズに移り、ハンク・コクラン( Hank Cochran )と出会ってコクラン・ブラザーズ( The Cochran Brothers )を結成し、数枚のシングルを吹き込みましたが成功しませんでした。彼は歌を書き始め、セッション・ミュージシャンの仕事も始めました。1956年にクレスト・レーベルから初ソロ・シングル「Skinny Jim」を発売しました。最初の成功は、1956年にジェイン・マンスフィールド( Jayne Mansfield )が主演した映画『The Girl Can't Help It』(邦題:女はそれを我慢できない)の中の曲「Twenty Flight Rock」を演奏した時です。すぐにリバティ・レコードと契約し、1957年に発表したジョン・D・ルーダーミルク( John D. Loudermilk )が書いた「Sittin' in the Balcony」は、彼の最初のヒット曲となりました。1958年に発表された「Summertime Blues」はビルボード8位のヒットになり、続いて「C'mon, Everybody」、「Somethin' Else」、「Teenage Heaven」などのヒットを連発しました。しかし、1960年4月16日、ジーン・ヴィンセントと英国巡業を終えたあと、ロンドン空港に向かう途中のタクシーが街灯に衝突し大破しました。ヴィンセントと、同乗していた婚約者でソングライターのシャロン・シーリーは助かりましたが、コクランは翌日に死亡しました。享年21歳でした。
Summertime Blues
Eddie Cochran
[収録曲]
Disc.1
  1. Summertime Blues
  2. C'mon Everybody
  3. Don't Ever Let Me Go
  4. Jeannie, Jeannie, Jeannie
  5. Love Again
  6. Pocketful Of Hearts
  7. Teresa
  8. Pretty Girl
  9. Twenty Flight Rock
  10. Cradle Baby
  11. Lovin' Time 7
  12. I'm Alone Because I Love You
  13. One Kiss
  14. Undying Love
  15. Tell Me Why
  16. Completely Sweet
  17. Mean When I'm Mad
Disc.2
  1. Proud Of You
  2. Have I Told You Lately That I Love You
  3. Sittin' In The Balcony
  4. Stockin's & Shoes
  5. Drive-In Show
  6. Am I Blue
  7. Dark Lonely Street
  8. Skinny Jim
  9. Half Loved
  10. Tired & Sleepy
  11. Fool's Paradise
  12. Walkin' Stick Boogie
  13. Rollin'
  14. Your Tomorrows Never Come
  15. Guilty Conscience
  16. Two Blue Singin' Stars
  17. Mr Fiddle
Eddie Cochran - Twenty-Flight Rock
Eddie Cochran - Summertime Blues
Eddie Cochran - Jeannie, Jeannie, Jeannie
Eddie Cochran - Three Steps To Heaven