エリザベス・コットン Elizabeth Cotten

米国の戦前から戦後にかけてのフォーク・ブルース系女性ギタリストです。本名はエリザベス・ネヴィルス( Elizabeth Nevills )と言い、 1895年1月5日にノースキャロライナ州チャペルヒル近郊のカルボロで生まれ、1987年6月29日にニューヨーク州シラキューズで死去しました。彼女は左利きで右利き用のギターを上下逆さまに持って演奏し、親指でメロディーを弾く温かみのある音色から”Cotten Picking”と呼ばれています。7歳から兄のギターを借りて弾き始め、唄を歌っていました。彼女の代表作として知られる「Freight Train」は10代前半に作っています。12歳の頃、折からの不況のため両親は農業を中止し、父は工場労働者、母は家政婦として働き始めたため、家事全般を担当して働きました。15歳になると結婚して娘を授りました。その後、娘が結婚した時に夫と離婚し、娘夫婦と一緒にワシントンD.Cに引越しました。彼女がデパートで働いていた時に、迷子の子供を送り届けたことが縁でシーガー一家と知り合いになり、家政婦として働くようになりました。マイク・シーガーは彼女の才能を見抜いて録音を開始し、1958年にアルバム「Folksongs And Instrumentals With Guitar」を発表しました。彼女が63歳の時です。このアルバムに含まれた曲「Freight Train」はピーター・ポール&マリーやジェリ・ガルシア、ボブ・ディラン、ジョーン・バエズ、デヴェンドラ・バンハート、ローラ・ギブソン、ローラ・ヴェイアーズ、ヒズ・ネーム・イズ・アライブ、タジ・マハールなどが追演しています。1960年代には多くの巡演をこなし、多くの曲を書き、多くの賞を受賞しました。80歳を超えても録音や巡演を続け、1984年にはアルバム「Elizabeth Cotten Live」で、グラミー賞最優秀エスニック/トラディショナル・レコードを受賞しました。
Freight Train And Other North Carolina Folk Songs and Tunes
Elizabeth Cotten
[収録曲]
  1. Wilson Rag
  2. Freight Train
  3. Going Down the Road Feeling Bad
  4. I Don't Love Nobody
  5. Aint' Got No Honey Baby Now
  6. Graduation March
  7. Honey Babe Your Papa Cares For You
  8. Vastopol
  9. a) Here Old Rattler Here
  10. a) Run...Run
  11. a) Sweet Bye and Bye
  12. Oh Babe It Ain't No Lie
  13. Spanish Flang Dang
  14. When I Get Home
Elizabeth Cotten - Going Down the Road Feeling Bad
Elizabeth Cotten - Vastopol / Vestapol
Shake Sugaree
Elizabeth Cotten
[収録曲]
  1. Shake Sugaree
  2. Take Me Back To Baltimore
  3. Washington Blues
  4. I'm Going Away
  5. Fox Chase
  6. Ontario Blues
  7. Fare You Well, My Darling
  8. Untitled/Georgie Buck
  9. Mama, Nobody's Here But The Baby
  10. Mama, Nobody's Here But The Baby
  11. Look And Live, My Brother
  12. Jesus Lifted Me
  13. Jeus Is Tenderly Calling
  14. Buck Dance
  15. Ruben
  16. Oh, Miss Lulie Gal
  17. Can't Get A Letter From Down The Road
  18. Shoot That Buffalo
  19. Boatman Dance
  20. Hallelujah, It Is Done
  21. Holy Ghost, Unchain My Name
  22. Little Brown Jug
  23. Delia
  24. Ball The Jack
  25. Till We Meet Again
  26. When The Train Comes Along
「Shake Sugaree」は彼女の孫娘の名前です。