エヴァリー・ブラザース The Everly Brothers

1950年代後半から1960年代前半に活躍したドン( Donald )とフィル( Philip )のエヴァリー兄弟によるポップ・カントリー・デュオです。ドンはケンタッキー州ミューレンバーグ郡ブラウニーで1937年2月1日に生まれ、フィルはイリノイ州シカゴで1939年1月9日に生まれました。両親のアイクとマーガレットはヒルビリー・ミュージシャンとしてケンタッキーで自分達の番組を持っていて、ドンとフィルが幼い頃から家族ぐるみで活動していました。1956年にアイクはチェット・アトキンス( Chet Atkins )に頼み、子供達はコロンビアで最初のシングル曲「Keep A Lovin' You」を吹き込みました。翌57年にはケイデンス・レーベルに移り、そこでヒットが出始めました。その頃には一家はテネシーに引越していて、兄弟はソングライターのブッドロウ・ブライアンと知り合い、彼は妻のフェリスと協同で数々のヒット曲を提供しました。最初のヒットは1957年の「Bye Bye Love」で、同年に「Wake Up Little Susie」が続きました。ケイデンスには1960年まで在籍して「All I Have To Do Is Dream」、「Bird Dog」、「Devoted To You」、「Problems」、「Take A Message To Mary」などのヒットを連発しました。その後、新興のワーナー・ブラザーズと契約し、「Cathy's Clown」が英米のチャートで1位を記録しました。「So Sad」、「Walk Right Back」、「Ebony Eyes」、「Crying in the Rain」などヒットは1962年まで続きました。その後、英国からの”ビートルズの襲来”により米国勢は落ち込みましたが、彼らは1965年「The Price of Love」、1967年「Bowling Green」など、時折ヒット・チャートに顔を出し続けました。この頃から兄弟の個性が出て来るようになり、フィルは軽く明るい、ドンは暗く沈んだ歌い口を特徴とするようになってきました。1968年にアルバム「Roots」、1972年に「Stories We Could Tell」を出し、1973年にチェット・アトキンスの所に戻って、アルバム「Pass the Chicken & Listen」を出した後、二人は別々にソロとして活動を始めました。1983年になると再結成コンサートを開催し、翌84年に「On the Wings of a Nightingale」をヒットさせ話題を集めました。弟のフィルは、2014年1月3日にカルフォルニアで慢性閉塞肺疾患のために死去しました。
Five Classic Albums
Everly Brothers
Greatest Hits
Everly Brothers
The Everly Brothers - Bye Bye Love
The Everly Brothers - All I Have To Do Is Dream / Cathy's Clown, 1960
Date With the Everly Brothers
Everly Brothers
[収録曲]
  1. Made To Love
  2. That's Just Too Much
  3. Stick With Me Baby
  4. Baby What You Want Me To Do
  5. Sigh, Cry, Almost Die
  6. Always It's You
  7. Love Hurts
  8. Lucille
  9. So How Come (No One Loves Me)
  10. Donna, Donna
  11. A Change Of Heart
  12. Cathy's Clown
Everly Brothers - Love Hurts
Songs Our Daddy Taught Us Bonus! Songs Our Daddy
Everly Brothers
[収録曲]
  1. Roving Gambler
  2. Down in the Willow Garden
  3. Long Time Gone
  4. Lightning Express
  5. That Silver Haired Daddy of Mine
  6. Who's Gonna Show Your Pretty Little Feet?
  7. Barbara Allen
  8. Oh So Many Years
  9. I'm Here to Get My Baby Out of Jail
  10. Rockin' Alone (In an Old Rockin' Chair)
  11. Kentucky
  12. Put My Little Shoes Away
伝承歌を歌った地味なアルバムで発売当時は売れませんでした。いずれの曲もたくさんの歌手達に歌われてきました。
The Everly Brothers - Down in the Willow Garden
この曲を歌っている歌手達の名前を思いつくままに挙げると、チャーリー・モンロー( Charlie Monroe )、コソイ・シスターズ( The Kossoy Sisters )、アート・ガーファンクル( Art Garfunkel )、チーフタンズとボン・イヴェール( The Chieftains & Bon Iver )、ザ・チャイピン・シスターズ( The Chapin Sisters )、ビリー・ジョー&ノラ・ジョーンズ( Billie Joe & Norah )らがいます。