ファンタスティック・ネグリート Fantastic Negrito

マサチューセッツ州出身のミュージシャンで、本名はエクセイヴィア・ディフレッパレズ( Xavier Dphrepaulezz )と言います。12歳の時にオークランドに移住しましたが、父と不仲になったため家出をして路上や孤児院で過ごしました。18歳頃からピアノやドラム、ギターを独習しデモテープを作っていました。しかし、生活のためにろくでもない仕事をしていたせいで強盗に銃撃され、命を失いかけ、嫌気がさした彼は、1991年頃にロサンゼルスに出ました。ある時、ゴルフ場でジョー・ラファロに渡したデモ・テープが気に入られ、インタースコープ・レコードと契約し、1995年にエクセイヴィア名義で「X-Factor」というアルバムを出しましたが売れませんでした。1999年には交通事故に遭い、約3週間の意識不明となり、腕が動かせず、長期のリハビリを余儀なくされました。契約を打ち切られた彼は、1991年にオークランドに戻りました。家族を設けて生活していましたが、ある時、ギターを弾いて子供をあやしたことが切っ掛けで再び音楽に目覚め、ブルースに根ざした音楽を路上演奏するようになりました。2015年にNPRタイニー・デスク・コンサート・コンテスト(Tiny Desk Concert Contest)で優勝し、2015年4月に「Fantastic Negrito EP」がビルボードのブルースチャート2位になりました。7月に「Delux EP」を発表した後、2016年にアルバム「The Last Days of Oakland」を発売してビルボードのブルース・アルバム・チャート4位となりました。2017年にはグラミー賞を受賞しました。2018年に二作目のアルバム「Please Don't Be Dead」を発売しました。
2017年4月7日~9日に来日公演を行っています。
プリーズ・ドント・ビー・デッド
ファンタスティック・ネグリート
[収録曲]
  1. Plastic Hamburgers
  2. Bad Guy Necessity
  3. A Letter To Fear
  4. A Boy Named Andrew
  5. Transgender Biscuits
  6. The Suit That Won’T Come Off
  7. A Cold November Street
  8. The Duffler
  9. Dark Windows
  10. Never Give Up
  11. Bullshit Anthem
  12. The Suit That Won’T Come Off (Acoustic) (日本盤のみのボーナス・トラック)
  13. Dark Windows (Acoustic) (日本盤のみのボーナス・トラック)
Fantastic Negrito - Plastic Hamburgers
Fantastic Negrito - The Duffler
The Last Days of Oakland
Fantastic Negrito
[収録曲]
  1. Intro - The Last Days Of Oakland
  2. Working Poor
  3. About A Bird
  4. Scary Woman
  5. Interlude 1 - What Do You Do?
  6. The Nigga Song
  7. In The Pines
  8. Hump Through The Winter
  9. Lost In A Crowd
  10. Interlude 2 - El Chileno
  11. The Worst
  12. Rant Rushmore
  13. Nothing Without You
Fantastic Negrito - Working Poor
Fantastic Negrito - In the Pines
レッドベリーの曲せす。
Fantastic Negrito - Lost In A Crowd