ファニー・パパ・スミス Funny Papa Smith

本名をJ.T.スミスと言い、生年も没年も判然としませんが、ブラインド・レモン・ジェファーソンより数年前の1890年以前と言われています。オクラホマで居住した1930年から1935年の間にヴォキャリオンに40曲ほどを吹き込んでいます。SP時代に間違えられてペイパー・スミスとなっていますが、パパが正しい呼び名です。彼のもうひとつの別名はハウリン・ウルフと言いますが、彼が一番初めに作り、彼を有名にし、計5回ほど吹き込んだ二部構成の曲「Howling Wolf Blues」に由来しています。なおシカゴのチェスター・バーネットとは別人物です。彼にはマグノリア・ハリス、デッサ・フォスターとのデュエット曲もあります。その他の有名な曲には、ニューオーリンズの魔女を題材にした「Seven Sisters Blues」があり、アルバムでは「The Original Howlin' Wolf」が出ています。彼は、30年代に吹き込んだ「Heart Bleeding Blues」が”不誠実な恋人を殺す”という歌詞の内容だったせいで、架空の罪を償うために投獄されました。釈放された後、39年までテキサス・アレキサンダーの伴奏を勤めましたが、その後の消息は不明です。
オリジナル・ハウリン・ウルフ
ファニー・パパ・スミス
[収録曲]
  1. Howling Wolf Blues-No.1
  2. Howling Wolf Blues-No.2
  3. Heart Bleeding Blues
  4. Good Coffee Blues
  5. Hard Luck Man Blues
  6. Mama’s Quittin’ And Leavin’-Part1
  7. Mama’s Quittin’ And Leavin’-Part2
  8. Howling Wolf Blues-No.3
  9. Howling Wolf Blues-No.4
  10. Tell It To The Judge No.1
  11. Tell It To The Judge No.2 take A
  12. Tell It To The Judge No.2 take B
  13. Honey Blues
  14. Corn Whisky Blues
  15. Wiskyhead Blues
  16. Forty-Five Blues
  17. Country Jail Blues
  18. Hungry Wolf
  19. Hoppin’ Toad Blues
  20. Fool’s Blues
  21. Seven Sisters Blues Part1
  22. Seven Sisters Blues Part2
  23. Before Long
Howling Wolf Blues No.4 - J.T.Funny Papa Smith