G・ラブ G. Love

1972年にフィラデルフィアで生まれました。本名はギャレット・ダントンです。大学を中退しボストンに転居した後、93年にG・ラヴ&スペシャル・ソースとしてデビュウし、ブルースやフォーク、ヒップ・ホップを融合した”ラグ・モップ”という流派を確立して人気を得ました。シングル盤「Rodeo Clowns」で当時は無名だったジャック・ジョンソンを紹介し、99年のアルバム「フィラデルフォニック」では主演歌手に迎えました。G・ラブとしてのソロ名義アルバムは2006年「レモネード」、2011年「フィクシン・トゥ・ダイ」があります。彼はボストンでは”バター”名義でブルースのライヴ演奏も行なっています。
2016年5月29日に来日ソロ公演予定です。
フィクスィン・トゥ・ダイ
G.ラヴ
[収録曲]
  1. ミルク・アンド・シュガー
  2. フィクスィン・トゥ・ダイ
  3. ユーヴ・ガットゥ・ダイ
  4. ザ・ロード
  5. ケイティー・ミス
  6. ウォーク・オン
  7. ジャスト・ファイン
  8. マ・ミア
  9. ゲット・ゴーイン
  10. ヘヴン
  11. ホーム
  12. ペイル・ブルー・アイズ
  13. 恋人と別れる50の方法
  14. ブル・フロッグ・ブルーズ (日本盤ボーナストラック)
  15. コリーナ・コリーナ (日本盤ボーナストラック)
  16. ドリンキング・ワイン (日本盤ボーナストラック)
  17. ガール・フロム・ザ・ローンドロマット (日本盤ボーナストラック)
  18. ブッカのジルバ・スウィング (日本盤ボーナストラック)
  19. ザ・ウェイ・イット・イズ・ブルーズ (日本盤ボーナストラック)
Fixin to Die
G. Love
[収録曲]
  1. Fixin' To Die
  2. The Road
  3. Katie Miss
  4. Milk and Sugar
  5. 50 Ways To Leave Your Lover
  6. You've Got To Die
  7. Walk On
  8. Just Fine
  9. Ma Mere
  10. Get Goin'
  11. Heaven
  12. Home
  13. Pale Blue Eyes
2011年3月に制作した2006年以来となるソロ名義アルバムで、ジャック・ジョンソンのレーベル”Brshfire”からの4作目です。演奏とプロデュースをフォーク・バンド、アヴェット・ブラザーズが担当しています。アヴェット・ブラザーズの本拠地ノース・キャロライナのマッシヴィルにある古い教会を改造したスタジオで録音されました。表題となっている開始曲「Fixin' To Die」はブッカ・ホワイトの曲です。死を前にして、残された子供の安否を気遣う男の心情が唄われています。
レモネード
Gラヴ、ジャック・ジョンソン、ブラッカリシャス、ジャスパー、ベン・ハーパー、ラティーフ・ザ・トゥルース・スピーカー、マーク・ブルサード
[収録曲]
  1. ライド
  2. エイント・ザット・ライト
  3. ホット・クッキン
  4. キャント・ゴー・バック・トゥ・ジャージー
  5. ミッシング・マイ・ベイビー
  6. ホーラ!
  7. バンガー
  8. サンクス・アンド・プレイズ
  9. レット・ザ・ミュージック・プレイ
  10. フリー
  11. ビューティフル
  12. レインボー
  13. ブレイキン・アップ
  14. スティル・ハンギン・アラウンド
  15. チェンジ
  16. ドロップ・ボムズ
  17. ジャンピン・オフ・ア・プレイン