ジーン・チャンドラー Gene Chandler

本名はユージン・ディクスン( Eugene Dixon )です。1937年7月6日にイリノイ州シカゴで生まれました。1957年にドゥーワップ・グループのデューケイズ( The Dekays )に参加して歌っていました。その後ソロに転じ、トップ・ハットを被り、燕尾服にマントを羽織り、杖を手にする手品師のような奇抜な格好で登場し、1962年にヴィー・ジェイから「Duke of Earl」をヒットさせて有名になりました。短命に終わるかと思われましたが、その後カーティス・メイフィールドに出会い、楽曲提供を受けて1962年「Rainbow」、1963年「A Man's Temptation」を、コンスタレーションから「Think Nothing About It」、1964年「Just Be True」、1965年「Nothing Can Stop Me」などのヒットを出しました。シカゴを拠点にしてチェッカーから1967年「I Fooled You This Time」、ブランズウィックから1967年「Girl Don't Care」、1968年「From Teacher To The Preacher」(バーバラ・アクリンと共演)、マーキュリーから1970年「Groovy Situation」、1971年「Ten And Two」(ジェリー・バトラーと共演)など、シカゴの主要な黒人レーベルからヒットを出し続けました。1972年以降は再びメイフィールドと組み、彼の経営するカータム・レーベルに移りました。
Duke of Earl
Gene Chandler
[収録曲]
  1. Walk On With The Duke
  2. London Town
  3. Daddy's Home
  4. The Big Life
  5. You Left Me
  6. I'll Follow You
  7. Tear For Tear
  8. Miracle After Miracle
  9. Kissin' In The Kitchen
  10. Duke Of Earl
Gene Chandler - Duke of Earl
Rainbow '80
Gene Chandler
[収録曲]
  1. Get Down
  2. What Now
  3. When You're #1
  4. God Bless Our Love
  5. Rainbow '80
  6. I'm Attracted To You
  7. Almost All The Way To Love
  8. Give Me The Cue
  9. I'll Remember You
  10. Please Sunrise
  11. Tomorrow I May Not Feel The Same
  12. Greatest Love Ever Known
  13. You've Been So Sweet To Me
  14. Stay Here In My Heart
  15. All About The Paper
  16. Let Me Make Love To You
  17. Does She Have A Friend?
Gene Chandler - Rainbow
Gene Chandler - I Fooled You This Time
Gene Chandler - Groovy Situation