ギル・スコット・ヘロン Gil Scott-Heron

1949年4月1日にイリノイ州シカゴで生まれました。両親が離婚したため、生まれてすぐにテネシー州ジャクソンの母方の祖母に預けられました。10歳の時にピアノを買ってもらい、独学で学び始めました。12歳の時に祖母が亡くなり、彼は母と共にニューヨーク市のブロンクスに移り、新しい父親の下、チェルシーで少年時代を過ごしました。ペンシルバニア州のリンカーン大学に進み、ラングストン・ヒューズ( Langston Hughes )に影響されて文学に熱中するようになり、二年生の時に一年間ほど休学して小説『The Vulture and The Nigger Factory』を書き上げ、大学に戻ってからも詩集『Small Talk At 125th And Lanox』を書き、これらは1970年に出版され注目されました。その後、音楽に乗せて詩の朗読をすることを思い立ち、フライング・ダッチマン( Flying Dutchman Records )という新設レーベルと契約して、アルバム「Small Talk At 125th And Lenox」を発表しました。続いて、大学の時に知り合ったブライアン・ジャクソン( Brian Jackson )というピアニストが作曲と演奏を担当し、1971年に「Pieces of a Man」を発表し、この中の曲「Revolution Will Not Be Televised」がヒットしました。1972年に「Free Will」を出した後、ストラタ( Strata-East Records )に移籍し、1974年に「Winter in America」を出しました。その後、1975年にアリスタに移籍したのを転機に、パーカッションやサックス、バック・ヴォーカルを加えたファンク・バンドに衣替えしました。1975年「From South Africa To South Carolina」、1976年「It's Your World」、1977年「Bridges」、1976年「Secrets」、1980年「1980」、 1980年「Real Eyes」、1981年「Refrections」、1982年「Moving Turget」などがあります。2011年5月27日に死去しました。
Pieces of a Man
Gil Scott Heron
[収録曲]
  1. The Revolution Will Not Be Televised
  2. Save The Children
  3. Lady Day And John Coltrane
  4. Home Is Where The Hatred Is
  5. When You Are Who You Are
  6. I Think I'll Call It Morning
  7. Pieces Of A Man
  8. A Sign Of The Ages
  9. Or Down You Fall
  10. The Needle's Eye
  11. The Prisoner
  12. Chains (Black & Blues) – Black And Blues
  13. Peace (Black And Blues) – Black And Blues
  14. A Toast To The People (Black & Blues) – Black And Blues
IT'S YOUR WORLD
Gil Scott-Heron And Brian Jackson
[収録曲]
  1. It' Your World
  2. Possum Slim
  3. New York City
  4. 17th Street
  5. Tomorrow's Trane
  6. Must Be Something
  7. Home Is Where The Hatred Is (Live)
  8. Bicentennial Blues
  9. The Bottle (Live)
  10. Sharing
Reflections
Gil Scott-Heron
[収録曲]
  1. Storm Music
  2. Grandma's Hands
  3. Is That Jazz?
  4. Morning Thoughts
  5. Inner City Blues
  6. Gun
  7. B Movie
Gil Scott-Heron - Me And The Devil
Gil Scott-Heron - Black Wax