濱口祐自 Hamaguchi Yuji

1955年に和歌山県那智勝浦町で生まれ、現在も住んでいます。家は代々の船主の家系で船宿も営んでいました。ギターを手にしたのは小学5年生の時で、10代の終わりにはカントリー・ブルースに開眼し、ミシシッピ・ジョン・ハートやスリーピー・ジョン・エステスのようなフィンガー・ピッキング奏法に魅せられ独学しました。1980年代には遠洋マグロ漁船の乗組員としてパプアニューギニアに出掛けて働きました。その後、オイルショックのあおりで家業が倒産したので、勝浦漁港の古民家を借り受け、1985年に音楽バー『竹林パワー』を開店しました。内装材には自身で切り出した竹を使っているそうです。以降97年まで12年間に渡って経営し、ここを拠点にして演奏活動を行いました。1990年代にはドイツ、スイス、オランダ、フランスなど欧州各地を旅し路上演奏しました。帰国後の1998年に自主制作アルバム「竹林パワー Dream」を発表しました。2001年には東京青山での全国フィンガーピッキングギターコンテストに参加し、会場投票によりオーデンエンス賞1位を獲得しました。2013年に久保田麻琴と出会ったのが転機となり、東京での演奏活動も始めました。自主制作盤は久保田氏がリマスターし、2013年に「竹林パワーの夢/Made in Wakinotani」として再発売されています。2014年に久保田氏のプロデュースでアルバム「濱口祐自 フロム・カツウラ」を発表しました。
濱口祐自 ゴーイング・ホーム
濱口祐自
[収録曲]
  1. Happy Birthday, Mr.Cameraman
  2. Welcome Pickin’ ~ Caravan
  3. Spring Power
  4. Wakinotani
  5. Lucky Train ~ Freight Train ~ My Grandfather’s Clock
  6. Amazing Grace Slide
  7. Hangover Shuffle
  8. The Entertainer
  9. Thank You, Mississippi John Hurt
  10. Shibinawa Blues
  11. Tokyo Summit
  12. Short Time Minor
  13. Great Dream From Heaven
  14. Gymnopedie No.1
  15. Mississippi Blues
  16. Arigato, Tokie Robinson
  17. しあわせ
濱口祐自 - Great Dream from Heaven
濱口祐自 フロム・カツウラ
濱口祐自
[収録曲]
  1. ドクトル・O のラグ Dr.O's Rag
  2. エスニック・ウィンド Ethnic Wind
  3. ジェロニモ Geronimo
  4. グノシエンヌ 1番 Gnossiennes no.1
  5. ビッグ・シティ・フェアウェル Big City Farewell
  6. 秋の花びら ~ Amazing Grace
  7. バンブー・ブルース Bamboo Blues
  8. ヘキサゴン・ブルース Hexagon Blues
  9. 黒いオルフェ Manha de Carnaval
  10. せつない香り Triste Fragrancia
  11. テネシー・ワルツ Tennessee Waltz
  12. ブルース・フロム・カツウラ Blues from KatsuUra
  13. 遠足 Picnic
  14. 旗のもとに集まろう Rally'Round the Flag
久保田麻琴が参加し、プロデュース、ミキシング、伴奏を行っています。
濱口祐自 - 黒いオルフェ
濱口祐自 - Gnossiennes no 1
エリック・サティの曲です。
竹林パワーの夢
濱口祐自
[収録曲]
  1. 遠い日の夢
  2. 妙法の夕ぐれ
  3. エスニックウインド
  4. ハーフムーンセレナーデ
  5. せつない香り
  6. フライデーワインステップ
  7. 春を待つ満月
  8. キュティショーティ
  9. アラレヤと月
  10. サンデーモーニングピッキン
  11. バンブーフラワー
  12. ふるさと (bonus track)
  13. 朧月夜 (bonus track)
  14. 海 (bonus track)
濱口祐自
濱口祐自 - Blue Slide
濱口祐自 Blues Live@晴れ豆 2014
中近東的なフレーズ展開です。
濱口祐自 - Mississippi Blues (Warm Up The Blues Live@六角堂 新宮 熊野, 2013)
試しに範としたステファン・グロスマン( Stefan Grossman )の演奏と聞き比べると、濱口氏の個性が判ります。