ヘンリー・グレイ Henry Gray

1925年1月19日にルイジアナ州ケナーで生まれました。間もなくして家族と共にバトンルージュの北へ数マイルのアルセンにある農場に移り子供時代を過ごしました。8歳の時から近所に住む女性にピアノを習い、数年後には地元のバプティスト協会でピアノやオルガンを弾いていました。16歳になると地元のクラブでブルースを弾き始めました。1943年から兵役を務め、46年に除隊するとシカゴに移りました。そこでビッグ・メイシオを知り合い、彼の世話でハドソン・シャワーズ( Hudson Showers )のレッド・デヴィル・トリオ( Red Devil Trio )などに参加しました。1952年にジミー・ロジャーズ( Jimmy Rogers )の伴奏で初録音したのを皮切りに、リトル・ウォルター( Little Walter )、ジミー・リード( Jimmy Reed )、ボ・ディドリー( Bo Diddley )、ビリー・ボーイ・アーノルド( Billy Boy Arnold )など多くのアーティストの伴奏を務めました。1956年からは12年間に渡りハウリン・ウルフ・バンドに参加しました。その傍らチェスのセッション・ピアニストとして数多くのアーティストの録音に参加して、シカゴ・ブルースの特徴的な響きを付け加えています。ウルフ亡き後は、故郷のルイジアナに戻って活動し、ルイジアナ・スワンプ・ブルースを披露しています。
ラッキー・マン
ヘンリー・グレイ
[収録曲]
  1. My Girl Josephine
  2. Cold Chills
  3. Gray's Bounce
  4. Out On The Road
  5. Lucky, Lucky Man
  6. I'll Be Up Again Someday
  7. Mojo Boogie
  8. Mean Old World
  9. I'm Talkin' About You
  10. It Ain't No Use
  11. Boogie In The Dark
  12. Finger Snappin' Boogie
Plays Chicago Blues
Henry Gray
[収録曲]
  1. Talkin' 'Bout You
  2. Times Are Getting Hard
  3. Henry's Houserocker
  4. Trouble Blues
  5. How Many More Years
  6. It Hurts Me Too
  7. How Could You Do It
  8. I Held My Baby Last Night
  9. Everybody's Fishin'
  10. Don't Start That Stuff
  11. They Raided The Joint
  12. Ain't No Use
  13. That Ain't Right
  14. Showers Of Rain
Henry Gray & The Cats (Live in Paris)
Henry Gray & Guitar Gabriel