ハニーボーイ・エドワーズ David Honeyboy Edwards

本名はデヴィッド・エドワーズと言い、1915年にミシシッピー州ショウで生まれました。16歳頃にギターを弾き始め、チャーリー・パットンにギターを師事しています。その後、トミー・マクレナン、ロバート・ジョンソン、ビッグ・ジョー・ウィリアムズなどに相次いで師事しました。1942年に初吹き込みし、「Worried Life Blues」など10数曲を国会図書館(ライブラリー・オブ・コングレス)用に吹き込んでいます。1945年にルイジアナでリトル・ウォルターと共演してからは、40年代後半にシカゴに移り、二人でマックスウェル・ストリートで演奏活動をしました。1951年にはヒューストンで商業レーベルのARCに4曲を録音しました。1953年にはチェスに「ドロップ・ダウン・ママ」を吹き込んでヒットさせました。2011年8月29日にシカゴの自宅で死去しました。享年96歳でした。
1978年に来日しています。
Mississippi Delta Bluesman
David "Honeyboy" Edwards
[収録曲]
  1. Big Fat Mama
  2. Catfish Blues
  3. Sweet Home Chicago/Dust My Broom
  4. Blues Worry Me All the Time
  5. Ride With Me Tonight
  6. Next Time You See Me
  7. Remarks by Honeyboy Edwards
  8. Pony Blues
  9. Things Gonna Be Alright
  10. I Feel So Good Today
  11. Further on up the Road
  12. You're the One
  13. Bumble Bee
I've Been Around
David "Honeyboy" Edwards
[収録曲]
  1. Pony Blues
  2. Sad and Lonesome
  3. Hambone Blues
  4. Ride With Me Tonight
  5. I'm a Country Man
  6. Banty Rooster
  7. Take Me in Your Arms
  8. You're Gonna Miss Me
  9. I Feel So Good Today
  10. Things Have Changed
  11. Big Fat Mama
  12. Eyes Full of Tears
  13. Woman I'm Loving
  14. Big Road Blues
The World Don't Owe Me Nothing
David "Honeyboy" Edwards
[収録曲]
  1. West Helena Blues
  2. Walking Blues
  3. Robert Johnson Story
  4. Catfish Blues
  5. Every Now and Then
  6. My Mama Told Me
  7. Crossroads
  8. Too Many Drivers
  9. Robert Nighthawk Story
  10. You're the One
  11. Coming to Chicago Story
  12. Sweet Home Chicago
  13. Carey Bell Story
  14. So Hard to Leave You
  15. Hide Away
David Honeyboy Edwards - Gamblin' Man
David Honeyboy Edwards - That's All Right
David Honeyboy Edwards (Biennale Musica)