ハウンド・ドッグ・テイラー Hound Dog Taylor

本名はセオドール・ルーズベルト・テイラーで、1915年4月12日、ミシシッピー州ナッチェズで生まれました。20歳の頃からギターを弾き始め、エルモア・ジェイムズ、サニー・ボーイⅡ、ライトニン・ホプキンスなどの影響を受けながら、ほとんど独学で習得しました。同州チューラを中心に活動した後、シカゴのマクスウェル・ストリートに出て演奏していました。1960年にビー・ベイビーに初吹き込みし、1962年にシカゴのファーマに「クリスティーン」を吹き込みます。1965年には自己名義のバンド「ハウスロッカーズ」を結成しています。1960年後期にはブルース・イグロウアが立ち上げたアリゲーターでLPを制作し、演奏活動の場もサウスサイドから大きなフェスティバルまでに広がりました。野性味ある不協和音程なスライド・ギターを弾き、ダーティな歌とよく調和しています。代表作は「Hound Dog Taylor ↦ The House Rockers」です。1976年にシカゴで死去しました。
ハウンド・ドッグ・テイラー&ザ・ハウスロッカーズ(紙ジャケット仕様)
ハウンド・ドッグ・テイラー&ザ・ハウスロッカーズ(アーティスト)
Pヴァイン・レコード
[収録曲]
  1. She's Gone
  2. Walking the Ceiling
  3. Held My Baby Last Night
  4. Taylor's Rock
  5. It's Alright
  6. Phillips' Theme
  7. Wild About You Baby
  8. I Just Can't Make It
  9. It Hurts Me Too
  10. 44 Blues
  11. Give Me Back My Wig
  12. 55th Street Boogie
Hound dog Taylor And the Houserockers - She's Gone
Hound Dog Taylor - It Hurts Me To
ナチュラル・ブギ(紙ジャケット仕様)
ハウンド・ドッグ・テイラー(アーティスト)
Pヴァインレコード
[収録曲]
  1. Take Five
  2. Hawaiian Boogie
  3. See Me In The Evening
  4. You Can’t Sit Down
  5. Sitting At Home Alone
  6. One More Time
  7. Roll Your Moneymaker
  8. Buster’s Boogie
  9. Sadie
  10. Talk To My Baby
  11. Goodnight Boogie
Hound Dog Taylor - The Sun Is Shining
ビウェアー・オブ・ザ・ドッグ~ライヴ(紙ジャケット仕様)
ハウンド・ドッグ・テイラー(アーティスト)
Pヴァイン・レコード
[収録曲]
  1. Give Me Back My Wig
  2. Sun Is Shining
  3. Kitchen Sink Boogie
  4. Dust My Broom
  5. Comin' Around the Mountain
  6. Let's Get Funky
  7. Rock Me
  8. It's Alright
  9. Freddie's Blues
Release the Hound
Hound Dog' Taylor
[収録曲]
  1. Wild About You, Baby
  2. Sen-Sa-Shun
  3. She's Gone
  4. It Hurts Me Too
  5. What'd I Say
  6. One More Time
  7. Sadie
  8. The Dog Meets The Wolf
  9. Walking The Ceiling
  10. Sitting At Home Alone
  11. Phillips Screwdriver
  12. Gonna Send You Back To Georgia
  13. Things Don't Work Out Right
  14. See Me In The Evening
  15. It's Alright