藤圭子 Huji Keiko

1951年7月5日、浪曲師の父と三味線奏者の母の間に、三人兄妹の末っ子として、岩手県一関市で生まれ、北海道旭川市で育ちました。出生名は阿部純子です。一家の生活は苦しく、北海道や東北を旅回りして唄い糧を得ていました。彼女もまた家計を支えるために、10歳から両親と共に唄うようになりました。雪の降りしきる厳寒の冬は、膝まで雪に埋もれながら何時間も歩き、宿がない時には、お堂の中で肩を寄せ合って眠りに就きました。岩見沢のヘルスセンターで唄っているところを作曲家の故・八洲秀章氏に見出され、彼女の才能に惚れ込んだ氏の勧めで上京しました。東京の亀戸・錦糸町界隈の夜の街で流しの歌手をしていましたが、作詞/作曲家の故・石坂まさを氏と出会い、1969年にRCAビクターから「新宿の女」でデビューしました。翌70年に発売された「圭子の夢は夜ひらく」は代表曲となり、その年のNHK紅白歌合戦に出場しました。折りしも時代は高度成長期のまっただ中、経済の急激な膨張とそれによって生じた格差が拡大し、社会が構造的にひずんで軋む時代で、暗い情念を含んだ彼女の声は、”怨歌の星を背負った宿命の少女”として、川端康成や五木寛之などの知識人や大衆の心を捉えました。翌71年には歌手の前川清と結婚しましたが、1年で破綻し、両親も金銭的な理由から衝突し離婚してしまいました。1979年になると引退を表明して渡米し、82年にニューヨークで知り合った宇多田照實氏と結婚し、女の子を出産しました。彼女は家族の生計を支えるため、時々日本に戻っては地方回りをして稼ぎ、また米国に戻るという生活をしていました。1993年に照實氏と共にU3ミュージックを設立し、娘は宇多田ヒカルとして1998年にシングル曲「Automatic」でデビューし、翌99年にアルバム「First Love」を発売し大成功を収めました。ここ数年、彼女の行方は不明でしたが、TVから突然の訃報が流れました。2013年8月22日早朝に西新宿にある高層マンションの13階から投身したのです。
新宿の女
藤圭子
[収録曲]
  1. 新宿の女
  2. 星の流れに
  3. あなたのブルース
  4. カスバの女
  5. 命かれても
  6. 逢わずに愛して
  7. 夢は夜ひらく
  8. 柳ヶ瀬ブルース
  9. 東京流れもの
  10. 花と蝶
  11. 長崎ブルース
  12. 生命ぎりぎり
藤圭子 - 新宿の女
意外と明るく乾いた歌声だと分かります。
女のブルース
藤圭子
[収録曲]
  1. 女のブルース
  2. 女の流れ唄
  3. 涙のブルース
  4. 東京夜曲
  5. 命預けます
  6. あなた任せのブルース
  7. ネオン街の女
  8. 盛り場数え唄
  9. 夜の花
  10. 女泣かせ
  11. 東京ワルツ
  12. 女の真心
圭子の夢は夜ひらく~藤圭子RCA BEST COLLECTION
藤圭子
[収録曲]
  1. 新宿の女
  2. 女のブルース
  3. 圭子の夢は夜ひらく
  4. 命預けます
  5. 女は恋に生きてゆく
  6. 京都から博多まで
  7. 別れの旅
  8. 明日から私は
  9. 私は京都へ帰ります
  10. はしご酒
  11. 京都ブルース
  12. 生きてるだけの女
  13. 面影平野
  14. 赤坂の夜は更けて
  15. 暗い港のブルース
藤圭子 - 圭子の夢は夜ひらく
藤圭子 - 面影平野
藤圭子 - 冷たい月 - 泣かないで
1996年9月に藤圭子 with Cubic U名義で発表したものです。コーラスを付けているのは宇多田ヒカルです。出来が悪く、曲も歌もコーラスも何をやっているのやら。