ランブリン・ジャック・エリオット Ramblin' Jack Elliott

1931年、ニューヨーク州ブルックリンで医者の息子として生まれました。本名はエリオット・チャールズ・アドノポスです。カウボーイに憧れて15歳で家出して、1940年代の後半にワシントン広場で歌い始め、1950年代の初期にはウディ・ガスリーと組んで巡業しました。初録音は1955年にエレクトラに、初アルバムは1957年にデロール・アダムスとの共作で英国トピックから発表した「The Rambling Boys」です。1950年代後半にはヨーロッパにも足を伸ばして演奏旅行をしています。その後も数多くのフォーク・フェスティヴァルに出演しています。代表アルバムは1958年「Jack Takes The Floor」、1995年「South Coast」、2009年「A Stranger Here」などです。
2011年4月22日、25日の来日公演は中止になりました。
A Stranger Here
Jack Elliott
Anti
[収録曲]
  1. Rising High Water Blues
  2. Death Don't Have No Mercy
  3. Rambler's Blues
  4. Soul of a Man
  5. Richland Women Blues
  6. Grinnin' in Your Face
  7. New Stranger Blues
  8. Falling Down Blues
  9. How Long Blues
  10. Please Remember Me
現在77歳、魅力的な声です。プロデューサーにジョー・ヘンリーを迎えて、1930年代の米国の大恐慌時代のブルースを歌っています。
Ramblin' Jack Elliott - Richland Woman Blues
Ramblin' Jack Elliott - Death Don't Have No Mercy
レヴァランド・ゲイリー・ディヴィスの曲で、ホット・ツナやグレイトフル・デッドの演奏でお馴染みかも知れません。
ジャック・テイクズ・ザ・フロアー
ヴィヴィド・サウンド・コーポレーション
[収録曲]
  1. San Francisco Bay Blues
  2. Ol’Riley
  3. The Boll Weevil
  4. Bed Bug Blues
  5. New York Town
  6. Old Blue
  7. Grey Goose
  8. Mule Skinner’s Blues
  9. East Texas Talking Blues
  10. Cocaine
  11. Dink’s Song
  12. Black Baby
  13. Salty Dog
  14. Brother Won’t You Join in the Line?
  15. There are Better Things to do(Ewan MaColl&Peggy Seeger with Ramblin’Jack)
英国ロンドンのTopicレコードにて一発録りで録音されました。Field Hollers、Prison Bluesとして歌われていた曲やジェシー・フラー、レヴァランド・ゲイリー・ディヴィスらの歌が取り上げられています。
ボブ・ディランは自伝の中で、このアルバムについて、『突然、地獄に放り出された気がした』と評しています。
Ramblin' Jack Elliott - Ol' Riley
Jack Elliott - New York Town
Ramblin' Jack Elliot - Talkin' Fish Blues
Early Sessions
Ramblin' Jack Elliott & Derroll Adams
[収録曲]
  1. More Pretty Girls Than One
  2. Roll on Buddy
  3. Death of John Henry
  4. Salty Dog Blues
  5. Talking Blues
  6. I'm Gonna Walk the Street in Glory
  7. Cigarettes and Whiskey
  8. Danville Girl
  9. Worried Man Blues
  10. San Francisco Bay Blues
  11. Roll in My Sweet Baby's Arms
  12. I'm Going Down the Road
Ramblin' Jack Elliott - Salty Dog Blues
Ramblin' Jack Elliott with Derroll Adams - Danville Girl
ランブリン・ボーイズ
The Rambling Boys ( Ramblin' Jack Elliott & Derroll Adams )
[収録曲]
  1. Rich and Rambling Boys
  2. Buffalo Skinners
  3. I Wish I Was A RockK
  4. It's Hard Ain't It Hard
  5. All Around The Water Tank
  6. Mother's Not Dead
  7. East Virginia Blues
  8. The Old Bachelor
  9. Danville Girl
  10. The State Of Arkansas
  11. The Death Of Mr. Garfield
  12. Roll On Buddy
「Rich and Rambling Boys」はカーター・ファミリーの曲です。
アイ・スタンド・アローン
ランブリン・ジャック・エリオット
[収録曲]
  1. エンジン143
  2. アースライティス・ブルース
  3. オールド・ブルー
  4. ドライヴィング・ネイルズ・イン・マイ・コフィン
  5. レイク & ランブリン・ボーイ
  6. ホンコン・ブルース
  7. ジーン・ハーロウ
  8. コール・ミー・ア・ドッグ
  9. ケアレス・ダーリン
  10. ミスター・ガーフィールド
  11. マイ・オールド・ドッグ & ミー
  12. リーヴィング・シャイアン
  13. リメンバー・ミー
  14. ウィリー・ムーア
  15. ハニー、ホェア・ユー・ビーン・ソー・ロング?
  16. ウディズ・ラスト・ライド
Ramblin' Jack Elliott - Arthritis Blues
Hard Travelin'
Ramblin' Jack Elliott
[収録曲]
  1. Hard Travelin'
  2. Grand Coulee Dam
  3. New York Town
  4. Tom Joad
  5. Howdido
  6. Talking Dust Bowl Blues
  7. This Land Is Your Land
  8. Pretty Boy Floyd
  9. Philadelphia Lawyer
  10. Talking Columbia
  11. Dust Storm Disaster
  12. Riding in My Car (Car Song)
  13. 1913 Massacre
  14. So Long (It's Been Good to Know Yuh)
  15. Sadie Brown
  16. East Virginia Blues
  17. I Belong to Glasgow
  18. The Cuckoo
  19. Roll in My Sweet Baby's Arms
  20. South Coast
  21. San Francisco Bay Blues
  22. The Last Letter
  23. Candy Man
  24. Tramp on the Street
  25. Railroad Bill
Ramblin' Jack Elliott & Rosalie Sorrels - Last Letter
Jack Elliot and Derrol Adams - The Tramp On The Street