ジャック・ケリー Jack Kelly

メンフィス出身にギタリストでありピアニストです。ジャック・ケリーズ・ジャグ・バスターズを率いて、1933年から39年までの間にアメリカン・レコード・カンパニーとヴォキャリオンに33曲を録音しています。バンド名のレコード表記はジャック・ケリーズ・サウス・メンフィス・ジャグ・バンドとなっています。この時の構成はケリー(vo, Gt)、ダン・セイン(gt)、ウィル・バッツ(violin)、"ドクター"・ヒッグス(jug)だと言われています。また、1939年にリトル・バディ・ドイルでのギター伴奏、1952年にウォルター・ホートン、ジョー・ヒル・ルイスのピアノ伴奏をしました。ケリーは60年頃に亡くなったと言われています。
1933-39
Jack Kelly & South Memphis Jug
[収録曲]
  1. Highway No. 61 Blues
  2. Highway No. 61 Blues No. 2
  3. Red Ripe Tomatoes
  4. Believe I'll Go Back Home
  5. Country Woman
  6. Cheatin' Woman
  7. Ko-Ko-Mo Blues
  8. Cold Iron Bed
  9. R. F. C. Blues
  10. Policy Rag
  11. President Blues
  12. Highway No. 61 Blues
  13. Cadillac Baby
  14. Doctor Medicine
  15. Lightenin' Blues
  16. Betty Sue Blues
  17. Flower Blues
  18. Joe Louis Special
  19. High Behind Blues
  20. You Done Done It
  21. Diamond Buyer Blues
  22. World Wandering Blues
  23. Neck Bone Blues
  24. Men Fooler Blues
Jack Kelly And His South Memphis Jug Band - Doctor Medicine