ジェイムズ・ソルバーグ James Solberg

1951年に生まれました。1960年代半ばからR&Rのカバー・バンドに参加しました。15歳になると学校を離れ、シカゴに出て、エデイ・テイラーからギター・テクニックを直接に学び、ジョニー・ヤング、ウォルター・ホートン、 ジミー・リードとも活動しました。1970年代にミルウォーキーに移り、ジョン・パリス( Jon Paris )(元ジョニー・ウィンターのベーシスト)とバンドを組みました。その後ルーサー・アリスンと行動を共にし、「Live At Parris」、「Blue Strak」、「Soul Fixin' Man」、「Reckless」で伴奏を務めました。自己名義アルバムは「L.A. Blues」、「The Hand You're Dealt」、「Real Time」などがあります。
L.A. Blues
James Solberg
[収録曲]
  1. Bubba's Boogie
  2. L.A. Blues
  3. Wally World U.S.A.
  4. Ballad of a Thin Man
  5. Must Be a Reason
  6. Rhumba Juice
  7. Robb's Souffle
  8. Say Goodbye
  9. Just a Closer Walk With Thee
  10. Happy Snails
James Solberg - Ballad of a Thin Man
See That My Grave Is Kept Clean
James Solberg
[収録曲]
  1. See That My Grave Is Kept Clean
  2. Cry For Me Baby
  3. Let's Straighten It Out
  4. Somebody Give Me A Gutiar
  5. Everything's Gonna Be Alright
  6. Bad Love
  7. Baby, When Ya Comin' Back
  8. St. James Infirmary Blues
  9. Man Of Many Words
  10. Ain't Nobody's Business
  11. Snatch It Back And Hold It
  12. Jimmy's Blues
James Solberg - Bad Love