ジャスミン・カラ Jasmine Kara

スウェーデン出身の女性歌手です。シカゴのレーベル、チェスの代表マーシャル・チェスの援護を受け、201年に「Blues Ain’t Nothing But A Good Woman Gone Bad」でデビューしました。
2012年5月7日に来日公演しました。
Blues Ain’t Nothing But A Good Woman Gone Bad
Jasmine Kara
[収録曲]
  1. Fire
  2. The Mad Midget
  3. In The Basement, Part I
  4. Are You Doing Me Wrong
  5. Ain’t No More Room
  6. Try My Love Again
  7. Train Gone Mad
  8. Must I Holler
  9. My Party
  10. My Babe
  11. Ordinary Joe
  12. Midget In The Coal Mine
  13. In The Basement, Part II
  14. Grits Ain’t Groceries
  15. Liberation Conversation
すべて追演曲で占められています。
Jasmine Kara - Fire
エタ・ジェイムズ( Etta James )の曲です。
Jasmine Kara - In The Basement
Jasmine Kara - Ordinary Joe
テリー・キャリアー( Terry Callier )の曲です。