ジェイスン・リッチ Jason Ricci

1974年2月3日生まれでメイン州ポートランド出身のハーモニカ奏者です。14歳の時にパンク・バンドに加わって活動を初めました。間もなくブルースとハーモニカにのめり込み、1995年にメンフィス州に行き Sonny Boy Blues Society Contest に出場して注目されました。同年に初アルバム「Jason Ricci.」を吹き込んでいます。その後、ミシシッピー州に移住してデヴィッド・マローンやR.L.バーンサイトらとジューク・ジョイントで共演して経験を積みました。1999年に Mars National Harmonica Contest に出場して優勝し、キース・ブラウン( Keith Brown )と一緒に活動しました。2002年には自己のバンド、ニュー・ブラッド( New Blood )を結成しました。2007年にエレクト・グルーヴ( Eclecto Groove )と契約してアルバム「Rocket Number Nine」を発表しました。2009年には「Done With The Devil」を発表しています。ジェイスン・リッチ&ニュー・ブラッドは、一年に300日を超える日数を米国、カナダ、ヨーロッパと巡演しています。その他のアルバムは2001年「Feel Good Funk」、2004年「Live At Checkers Tavern」、2006年「Blood On The Road」、2010年「Down That Road...」などがあります。
Done With the Devil
Jason Ricci
[収録曲]
  1. Done With The Devil
  2. Sweet Loving
  3. Holler For Craig Lawler
  4. Broken Toy
  5. Ptryptophan Pterodactyl
  6. I Turned Into A Martian
  7. As Long As I Have You
  8. How It Come To Be
  9. Life Of Denial
  10. Afro Blue
  11. Keep The Wolf From My Door
  12. Enlightenment
ロケット・ナンバー・ナイン
ジェイソン・リッチ・アンド・ニュー・ブラッド
[収録曲]
  1. The Rocker
  2. I'm A New Man
  3. Loving Eyes
  4. Dodekahedron
  5. Mr. Satan
  6. Deliver Us
  7. The Blow Zone Layer
  8. The Way I Hurt Myself
  9. The Eternal Is
  10. Snowflakes And Horses
  11. Sonja
  12. Rocket Number 9
Jason Ricci & New Blood (Lrbc 2010) - Take A Walk On The Wild Side