ジェフ・ラング Jeff Lang

1969年、オーストラリアに生まれました。小さい頃に、父の集めたレコードからライ・クーダー、ボブ・ディラン、デヴィッド・リンドレー、レオ・コッケ、ブラインド・ウィリー・ジョンソン、ロバート・ジョンソン、スキップ・ジェイムスなどを知ります。ギター、バンジョー、ラップ・スティール・ギターなどを弾き、10種類程度の開放チューニングを使って演奏します。
初レコーディングは1990年です。主なアルバムは、1994年「RAVENSWOOD」、1999年「Cedar Grove」、2003年「Exile On Blues Street」があります。
来日公演は、2008年2月18日下北沢、2月19日横浜Thums Upでした。2008年9月30日、10月1日にも来日しています。
2009年7月24日にフジ・ロック・フェスティバルに出演しました。2010年2月24日、25日に来日しました。2012年2月24日に来日しました。
キメラドゥール
[収録曲]
  1. Two Worlds
  2. Home To You
  3. I Want To Believe
  4. I Don't Like Him Being In Here
  5. Edge Of The Light
  6. Slow Rooms And Fast-Blurred Faces
  7. South
  8. Another One Of Those Days
  9. The End Of The Rainbow
  10. Half A Tank Of Hope
  11. Things Are Coming Back My Way
  12. The Janitor
  13. South (acoustic, featuring Bec Matthews)
  14. Walk Out On St Georges
2009年の作品です。
ビトウィーン・ザ・ダート・アンド・スカイ
ジェフ・ラング(アーティスト)
P-VINE
ハーフ・シーズ・オーヴァー
ジェフ・ラング(演奏)
Pヴァイン・レコード
[収録曲]
  1. Southern Highlands Daughter
  2. Copper Mine
  3. The Savannah Way
  4. Five Letters
  5. The House Carpenter
  6. My Mother Always Talked To Me
  7. The Vaults Of Lattanzio
  8. Mooncoin
  9. Ghosting On My Mind
  10. Night Draws In
  11. Is All
  12. Newman Town
  13. Kalamazoo
  14. Here She Comes Again
「The House Carpenter」はクラレンス・アシュレイ( Clarence Tom Ashuley )が演奏していました。
Jeff Lang - Til They Cut Me Down Clip
キャリード・イン・マインド
ジェフ・ラング
[収録曲]
  1. Running By The Rock
  2. I'm Borely Ther
  3. Fishman's Farewell
  4. Towards Love
  5. Mama, Why You Holding Back Now?
  6. You Never Know Who's Listening
  7. Jack-A-Roe
  8. Fritened Fool
  9. Newbridge
  10. Way Passed Midnight
脳内浮遊
ジェフ・ラング
[収録曲]
  1. Watch Me Go
  2. Petra Goes To The Movies
  3. People Will Break Your Heart
  4. This City's Not Your Hometown Anymore
  5. Pull Of The Drift
  6. I Want To Run But My Legs Won't Stand
  7. Waiting For The Headlights Through The Blinds
  8. Standing On The Shore
  9. My Darling Girl Don't Change
  10. Gunshot Nights
  11. The Promise Of New Years Eve