ジム・オルーク Jim O'Rourke

米国の音響派の音楽家です。1969年1月18日にイリノイ州シカゴで生まれました。ソニック・ユース( Sonic Youth )やガスター・デル・ソル( Gastr Del Sol )、ドラッグ・シティ・スーパーセッション( Drug City Super Session )、イリュージョン・オヴ・セイフティ( Illusion of Safety )などに在籍していました。また数々のアーティスト達と共同作業をしています。親日家で日本人アーティストとの共同作業も多く、2006年夏には日本の東京に移住し、音楽活動は休止して映像芸術と日本語の勉強をしました。2008年から音楽活動を再開し、ルース・ファーやオソレザンといったプロジェクトを組んでいます。自己名義アルバムは1997年「Bad Timing」、1999年「Eureka」、2001年「Insignificance」、2009年「The Visitor」などがあります。
2012年1月8日に来日公演でした。2013年6月17日~22日に来日公演しました。2015年10月24日、25日に公演予定です。
Bad Timing
Jim O'Rourke
[収録曲]
  1. There's Hell in Hello, But More in Goodbye
  2. 94 the Long Way
  3. Bad Timing
  4. Happy Trails
Eureka
Jim O'Rourke
[収録曲]
  1. Prelude To 110 Or 220/Woman Of The World
  2. Ghost Ship In A Storm
  3. Movie On The Way Down
  4. Through The Night Softly
  5. Please Patronize Our Sponsors
  6. Something Big
  7. Eureka
  8. Happy Holidays
Jim O'Rourke - Prelude to 110 or 220 / Women of the World