ジミー・リード Jimmy Reed

本名はマティス・ジェイムズ・リードといい、1925年8月6日、ミシシッピー州ダンリースに10人兄弟の末っ子として生まれました。7歳の頃から友人のエディ・テイラー( Eddie Taylor )と一緒に遊びまわり、兄達の演奏するギターやハープに興味を惹かれ覚えました。1949年頃にシカゴに出て、軍隊に入り各地を回っていましたが、1945年にマリー・リードと結婚しました。その後、1950年頃から本格的な演奏活動を始め、1953年にチャンスに初吹き込みしました。VJが倒産する1965年頃まで数多くのレコードを残しました。その後はブルースウェイに録音しました。エディ・テイラーの繰り出す歩行的ベースラインに乗って、ハープが細く突き刺さるように高音域を駆け抜け、ゆったりと気だるい歌声が続く、ジミー・リード・スタイルといえば、すぐに思い浮かぶほどです。「You Don't Have to Go」、「Honest I Do」などが有名で、数多くの追随者を輩出し、ジミー・アンダースン、スリム・ハーポなどのルイジアナ勢も影響下にあります。1976年8月29日にカルフォルニア州オークランドで死去しました。
I'm Jimmy Reed
Jimmy Reed(アーティスト)
Charly
[収録曲]
  1. Honest I Do
  2. Go on to School
  3. My First Plea
  4. Boogie in the Dark
  5. You Got Me Crying
  6. Ain't That Lovin' You Baby
  7. You Got Me Dizzy
  8. Little Rain
  9. Can't Stand to See You Go
  10. Roll and Rhumba
  11. You're Something Else
  12. You Don't Have to Go
His Greatest Recordings: Original Classic Series
Jimmy Reed(アーティスト)
Aim
[収録曲]
  1. You Don't Have to Go
  2. I Ain't Got You
  3. She Don't Want Me No More
  4. Ain't That Lovin' You Baby
  5. You Got Me Dizzy
  6. Sun Is Shining
  7. Honest I Do
  8. Down in Virginia
  9. I Wanna Be Loved
  10. Take Out Some Insurance
  11. Baby, What You Want Me to Do
  12. Hush Hush
  13. Found Love
  14. Big Boss Man
  15. I'm a Love You
  16. Aw Shucks, Hush Your Mouth
  17. Bright Lights, Big City
  18. Close Together
  19. Shame, Shame, Shame
Jimmy Reed - Bright Lights, Big City