ジョー・ヒル・ルイス Joe Hill Louis

1821年9月21日生まれ、テネシー州フロギー・ボトム出身です。本名はレスリー・ヒルと言います。小さい頃からメンフィスに通い、ウィル・シェイドら有名なブルースマンを見学し、そのうち自分でもハンディ・パーク付近で演奏するようになりました。40年代後半には名前を知られるようになり、1949年にはコロンビアに初録音しました。以降、モダン、ロッキン、チェッカー、サンなどに吹き込みを行ないました。シカゴ・サニー・ボーイ名義でもミティアに録音しています。”ザ・ビバップ・ボーイ”と異名を取り、最初はギターやハープからドラムスまでを一人で演奏するワンマン・バンドでしたが、後にはハープやギターに専念するようになりました。最後の録音は1957年にハウス・オブ・サウンドで、その年の8月5日にテネシー州メンフィスで破傷風により死去しました。アルバムは「Boogie In The Park」や、1953年にルーファス・トーマスに付けたギター伴奏も有名です。
Key Postwar Cuts 1949-54
Joe Hill Louis
[収録曲]
Disc.1
  1. Don't Trust Your Best Friend
  2. Railroad Blues
  3. A' Jumpin' and A' Shufflin'
  4. Joe's Jump
  5. Gotta Let You Go
  6. Boogie In The Park
  7. Nappy Head Woman
  8. I Feel Like A Million
  9. Heartache Baby
  10. Train Ticket
  11. Come Back Baby
  12. Boogie In The Park
  13. Cold Chills
  14. Mistreat Me Woman
  15. Street Walkin' Woman
  16. Going Down Slow
  17. Blue in the Morning
  18. Highway 99
  19. Gotta Go Baby
  20. Big Legged Woman
  21. Joe Hill Boogie
  22. Eyesight To The Blind
  23. Walkin' Talkin' Blues
  24. The Way You Treat Me
  25. Early In The Morning
  26. Peace Of Mind
  27. Cold Chills (Alternate Take)
  28. Gotta Go Baby (Alternate Take)
Disc.2
  1. Chocolate Blonde
  2. She Comes To See Me Sometime
  3. We All Gotta Go Sometime
  4. She May Be Yours (But She Comes To See Me Sometime)
  5. Keep Your Arms Around Me Mama
  6. Got Me A New Woman
  7. Sweetest Gal in Town
  8. I'm A Poor Boy
  9. Jack Pot
  10. I Love My Baby
  11. Western Union Man
  12. On the Floor
  13. She Got Me Walkin'
  14. Keep Away from My Baby
  15. Good Morning Little Angel
  16. Tiger Man
  17. Hydramatic Woman
  18. Ridin' Home
  19. Don't Do It Again
  20. She's Taking All My Money
  21. Jealous Man
  22. 4th and Beale
  23. Ruthie Mae
  24. Joe Hill Boogie
  25. Going Down To Louisiana
  26. Get Up Off It
  27. Sweetest Woman I Ever Seen
  28. Goin' Away Blues
  29. Just Plain Tired
Joe Hill Louis - Hydramatic Woman
Joe Hill Louis - Tiger Man
King Of The One Man Band
Joe Hill Louis