ジョー・マッコイ Joe McCoy

ミシシッピー州ジャクソン出身です。生年月日は不明ですが、1950年にシカゴで亡くなりました。本名はウィルバー・マッコイ( Wilbur McCoy )と言い、チャーリー・マッコイの兄であり、メンフィス・ミニーの二度目の夫でもあります。変名が多くカンザス・ジョー、ハレルヤ・ジョー、マッド・ドーバー・ジョー、ビッグ・ジョー、ビル・ウィルバー、ジョージア・パイン・ボーイ、ミシシッピー・マダー、ハムファット・ハムなどの名前で多くのレーベルに吹き込みを行なっています。メンフィス・ミニーとは20年代後期に結婚し、1929年から32年までに、コロンビアとヴォキャリオンに録音しています。特に「マイ・ウォッシュ・ウーマンズ・ゴーン」が秀逸です。36年には弟のチャーリーとシカゴは出てハーレム・ハムファッツを結成して活動しました。
One in a Hundred
Kansas' Joe McCoy
Joe McCoy - Evil Devil Woman Blues
Kansas Joe McCoy - Pile Driver Blues
Memphis Minnie and Joe McCoy - North Memphis Blues