ジョー・テイノ Joe Taino

プエルトルコで生まれ育ち、9歳の時にビートルズ主演の映画『A Hard Day's Night』を見て音楽に関心を持ちました。11歳でギターを手にすると、ビートルズやエルヴィス・プレスリー、モンキーズやクリーム、ジミ・ヘンドリクスなどをお手本に独習しました。エリック・クラプトンを聞いてブルースに開眼し、三大キングやエタ・ジェイムズ、Tボーン・ウォーカー、タジ・マハルなど聞くようになりました。13歳の時に父親に買ってもらったエレクトリック・ギターでバンドに加わって演奏を始め、16歳になると自分のバンドを作りました。1978年から幾つものバンドに参加してカントリーやロックを演奏していましたが、1980年代にブルースで身を立てるためフロリダへと向かい、評判を取るようになりました。ここでホット・アンド・ヒューミッド( Hot and Humid )という自身のバンドを結成し、オールマン・ブラザーズやジョニー・ウィンター、ジョン・メイオール、ロビン・トロワー、ココ・テイラー、ルース・ブラウンなどの前座を努めています。その後、ニューヨーク市に移り、自己のブルー・フレイムズ( Joe Taino and the Blue Flames )を率いて活動しています。アルバムは「Chewin' That Stuff」、「Pickin' the Blues」、「Hoodoo Man」、「Blues With An Accent」、「Incognito」などがあります。
Hoodoo Man
Joe Taino
[収録曲]
  1. Dozer For A Dime
  2. Junkyard Dog
  3. Wide Glide
  4. Cold Pillow
  5. Loiza Aldea
  6. Goin' to Chicago
  7. Odd Blues
  8. Pickin' the Blues
  9. Hoodoo Man
  10. Lorraine
  11. Cry Of The Warrier
  12. Take Me Now
  13. Annalee
  14. Fortune Woman
Joe Taino - Crosscut Saw
Joe Taino Group - Senor Blues