ジョン・キャンベル John Campbell

1952年1月20日にルイジアナ州シュリーヴポートで生まれました。3歳の時から祖母の持っていたラップ・スティール・ギターをいじっていました。8歳の時にはギターを手に入れて、13歳の時には人前で歌っていたそうです。自動車とオートバイにも興味を持ち、レースにも出ていたということです。15歳の時に大きな事故を起こして、左眼を失い顔面を5000針も縫う手術を受けました。病室でブルースを聞き初め、ハウリン・ウルフ、マディ・ウォーターズ、ジョン・リー・フッカーなどを知ります。退院後、16歳で学校をドロップ・アウトして、テキサス州ナコグドッチスの黒人教会で暮らしながら、街角や公園、大学のキャンバスなどで歌い続けました。生活のために工場で働き、血を売ったこともあるそうです。ニューオーリンズからヒューストンにかけての南部一帯の路上やクラブ・サーキットで歌い名前を知られるようになりました。この頃、テキサス州タイラーのロビンフッド・スタジオでブルースの伝統曲をアコースティック・ギターで演奏したデモ・テープに残しています。1985年頃に友人の勧めでニューヨークへ移り、ブロンクスの線路際のアパートに住み、ここで電車の走行音がうるさいためアコースティック・ギターにピック・アップを付けて演奏するようになりました。ただ一人、戦前のブルースマンさながらに歌う姿が注目され、1988年にクロスカットから「A Man And His Blues」を発売し、1991年にはアルバム「One Believer」を発表しました。この後、バンドを組み、バディ・ガイとの半年に渡る全米興行を行ないました。1993年には「Howlin' Mercy」を作りましたが、1993年6月13日にマンハッタンにある自宅で心臓発作のため亡くなりました。2000年には「Tyler, Texas Session」としてかってのデモ・テープを編集したアルバムがスフィア・サウンドから発売されました。
Howlin' Mercy
John Campbell
Warner
[収録曲]
  1. Ain't Afraid of Midnight
  2. When the Levee Breaks
  3. Down in the Hole
  4. Look What Love Can Do
  5. Saddle Up My Pony
  6. Firin' Line
  7. Love's Name
  8. Written in Stone
  9. Wiseblood
  10. Wolf Among the Lambs
John Campbell - Down In The Hole
John Campbell - Saddle Up My Pony
A Man & His Blues
John Campbell
Crosscut
[収録曲]
  1. Going to Dallas
  2. Bad Night Blues
  3. Judgement Day
  4. Bluebird
  5. Deep River Rag
  6. Texas Country Boy
  7. Sittin' Here Thinkin'
  8. Sunnyland Train
  9. White Lightnin'
ロニー・アールがプロデュースを務め、ギターも弾いています。1988年4月に2日間で録音しました。
John Campbell - Going To Dallas
John Campbell - Judgement Day
John Campbell - Sittin' Here Thinkin'
One Believer
John Campbell
Elektra
[収録曲]
  1. Devil in My Closet
  2. Angel of Sorrow
  3. Wild Streak
  4. Coulden't Do Nothin'
  5. Tiny Coffin
  6. World of Trouble
  7. Voodoo Edge
  8. Person to Person
  9. Take Me Down
  10. One Believer
John Campbell - Devil In My Closet
John Campbell - Montreux Jazz Festival 1992 - Person To Person
1992年のモントレイ・フェスティヴァルの模様です。
John Campbell - Louisiana Blues
John Campbell - Crossroads Blues