ジョン・ディ・ホールマン John Dee Holeman

1929年4月4日にノースキャロライナ州ヒルズボロで生まれました。若い時には Buckdancer としても知られていました。ブラインド・ボーイ・フラー( Blind Boy Fuller )、ライトニン・ホプキンス( Lightnin' Hopkins )より影響を受け、パーティや地元の行事で歌い始めました。この頃、エレクトリック・ギターを手に入れ、1954年からは同州ダーハムで拠点にして、ピアニストのフリス・ホロウェイ( Fris Holloway )と組んで演奏していました。彼は、建築作業員として働いていて、音楽は、あくまで余技、副業です。初アルバムは「Bull City After Dark」です。その他は、1999年「Bull Durhan Blues」、同1999年「Piedmont Blues of Carolina」、2007年「John Dee Holeman & the Waifs Band」があります。
Piedmont Blues De Caroline Du Nord
John Dee Holeman
[収録曲]
  1. Shotgun Blues
  2. Early Morning Blues
  3. Black Rat
  4. Sugar Mama
  5. Come On Down To My House
  6. You Better Believe What I Say
  7. Look On Yonder Wall
  8. I'm Going To Dig Myself A Hole
  9. Baby, You Don't Have To Go
  10. Chapell Hill Boogie
  11. My Baby Is A Country Girl
  12. I've Got A Little Girl
  13. I Don't Care Where You Go
  14. I'm Going Get My Baby
  15. Patting Juba
Bull Durham Blues
John Dee Holeman
[収録曲]
  1. Give Me Back My Wig
  2. Step It Up & Go
  3. Little Country Girl
  4. Sweet Home Chicago
  5. Hello Central
  6. Early Morning Blues
  7. Crow Jane
  8. Mistreated Blues
  9. Big Boss Man
  10. Stranger Blues
  11. Hambone
  12. God Loves His Children
  13. Chapel Hill Blues
1988年に録音されたものです。タジ・マハル( Taj Mahal )が参加しています。
John Dee Holeman & Waifs Band (Dig)
John Dee Holeman & the Waifs Band
[収録曲]
  1. John Henry
  2. Country Gal
  3. Mojo Hand
  4. Give Me Back My Wig
  5. I'm a Pilgrim
  6. Comin' Home To You
  7. Dust My Broom
  8. Little Queenie
  9. I Miss Huggin'
  10. Looking Yonder Comin'
  11. Baby Please Don't Go
オーストラリアのフォークロック・バンド、ウェイフス( the Waifs )が伴奏を務めています。
You Got to Lose You Can't Win All the Time
John Dee Holeman
[収録曲]
  1. Two Trains Runnin'
  2. Mojo Hand
  3. Early Letter Blues
  4. Ain't Gonna Worry, My Life Anymore
  5. One Black Rat
  6. Three O'Clock In the Morning Blues
  7. John Dee Jam
  8. Hoochie Coochie Man
  9. You Got to Lose, You Can't Win All the Time
  10. John Henry
John Dee Holeman - One Black Rat
John Dee Holeman & Dom Flemons - John Henry