ジョン・スミス John Smith

イングランド東部エセックスで生まれ、南西部のデヴォンの小さな漁村で、牧師をしていた音楽好きの父親の下でボブ・ディランやレッド・ツェッペリン、ライ・クーダーなどの音楽に触れながら育ちました。11歳の時に父親が買ってくれたギターを手にし、やがて、ニック・ドレイクやバート・ジャンシュ、ジョン・レンボーンなどの音楽に触れて独習します。大学へ進み人前でも歌い始めました。その後、ジョン・マーティンやバート・ジャンシュ、ジョン・レンボーンらの前座を務め経験を積みました。初アルバムは2006年「The Fox And The Monk」、2作目は2009年「Map Or Direction」です。
Map Or Direction
John Smith
[収録曲]
  1. Invisible Boy
  2. Hands
  3. Axe Mountain
  4. A Long Way For A Woman
  5. Another Country
  6. The Fear, The Horror
  7. Oliver
  8. Watch Her Die
  9. Swords
  10. Death and The Lady
米国の深南部を旅し、森の中や橋の下でマイクを立てるというフィールド・レコーディング的な手法で録音されました。
The Fox and the Monk
John Smith
[収録曲]
  1. Matchbox Man
  2. So, So
  3. Winter
  4. Squares & Circles
  5. Green Man
  6. Something Terrible
  7. Corridors
  8. Bones
  9. The Hours
  10. Johnny Was A Shoemaker
  11. To Have So Many
  12. The Magician
  13. Library
John Smith peforms No One Knows