ジョイス・クーリング Joyce Cooling

米国のサンフランシスコ湾岸地帯を拠点に活動する女性ジャズ・ギタリストです。小さい頃からピアノやドラム、打楽器に親しみ、ブラジルのジョアン・ボスコ( João Bosco )からテキサス・ブルースマン、スティーヴィー・レイ・ヴォーン( Stevie Ray Vaughan )まで広範な影響を受けて成長しました。1980年代初期にニューヨークからカルフォルニアに移動し、初めはドラムを演奏していましたが、やがてギターに転換し、ニューヨークやサンフランシスコのクラブで演奏して腕を磨きました。1989年にジェイ・ワグナー( Jay Wagner )との共作アルバム「Cameo」を発表しました。その他は1997年「Playing It Cool」、1999年「Keeping Cool」、2001年「Third Wish」、2004年「This Girl's Got To Play」、006年「Revolving Door」、2008年「It’s Feeling Like Christmas、2009年「Global Cooling」などがあります。
グローバル・クーリング
ジョイス・クーリング
[収録曲]
  1. Grass Roots
  2. Global Cooling
  3. Save This Dance For Me
  4. Cobra
  5. What Are We Waiting for?
  6. Dolores In Pink
  7. We Can
  8. Rhythm Kitchen
  9. The Red Rose
  10. Chit Chat
  11. In The Streets
Joyce Cooling - Global Cooling
Joyce Cooling - Cool of the Night
AQUI & AJAZZ, Joyce Cooling - Something Different
Joyce Cooling - Come And Get It