ジュニア・キンブロウ Junior Kimbrough

1930年7月28日にミシシッピー州ハドスンヴィルで生まれ、1998年1月17日にホリー・スプリングで心臓発作のため死去しました。91年に映画『Deep Blues』に出演して脚光を浴びました。同一コードを反復する呪術的な演奏を繰り広げます。彼は92年頃からミシシッピー州チュラホマにジューク・ジョイント”Junior's Place”を経営していました。初アルバムは1966年「First Recordings」です。他にはファット・ポッサムから1992年「All Night Long」、1993年「Sad Days, Lonely Nights」、1997年「Most Things Haven't Worked Out」、1998年「God Knows I Tried」などがあります。
ホリー・スプリングにあるキンブロウの墓碑銘には、チャーリー・フェザーズ( Charlie Feathers )の次の言葉が書かれています。
- the beginning and end of all music -
All Night Long
Junior Kimbrough
[収録曲]
  1. Work Me Baby
  2. Do The Romp
  3. Stay All Night
  4. Meet Me In The City
  5. You Better Run
  6. Done Got Old
  7. All Night Long
  8. I Feel Alright
  9. Nobody But You
  10. Slow Lightning
Junior Kimbrough - Jr Blues
Junior Kimbrough - Nobody But You
Junior Kimbrough - All Night Long
映画『Deep Blues』の挿入曲です。
Most Things Haven't Worked Out
Junior Kimbrough
[収録曲]
  1. Lonesome Road
  2. I'm In Love
  3. Everywhere I Go
  4. Burn In Hell
  5. Most Things Haven't Worked Out
  6. Leave Her Alone
  7. I Love Ya Baby
  8. I'm Leaving You Baby
Black Keys - Everywhere I Go
ブラック・キーズによる追演を紹介しておきます。
Sad Days Lonely Nights
Junior Kimbrough & Soul Blues Boys
[収録曲]
  1. Sad Days, Lonely Nights
  2. Lonesome In My Home
  3. Lord, Have Mercy On Me
  4. Crawling King Snake
  5. My Mind Is Rambling
  6. Leaving In The Morning
  7. Old Black Mattie
  8. I'm In Love
  9. Pull Your Clothes Off
  10. I'm Gonna HaveTo Leave Here
  11. Sad Days, Lonely Nights